旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【ハンガリー】ブダペストの日本食レストランとお土産探しにぴったりな中央市場

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

朝起きたら雨。
ヨーロッパきて初めての雨だぁ。。

でもしばらくしたら止んだのでごはんごはん。

 

日本を出発して2週間ほどだというのに、すでに日本食が恋しくなっている(´・_・`)

 

そんな私がブダペストに着いてからまずしたこと。

 

『ブダペスト 日本食レストラン』で検索!(笑)

 

トリップアドバイザーでヒットした【びわこラーメンハウス】

ホステルからも徒歩圏内だし早速レッツゴー!

 

で、つきました。

店員さんに日本人のおばちゃんもいたので、色々おしゃべりして癒される。

日本語が通じるってスバラシイ。

 

メニュー見ながら迷いに迷って決めたのが、、

f:id:zizichan1103:20200605123555j:plain



醤油ラーメン!!

これだよこの味( ^ω^ )

 

他にも定食もたーくさんあるから、ブダペストにいる間毎日通うなこれ(笑)

値段は約850円くらいだったかと。

ブダペストの物価からすると、やはりちょっとお高いですね。

 

www.tripadvisor.jp

 

 

お腹も満たされたところで外に出たらなんか騒がしい。

車関係の?イベントやってるみたい。

 

なんか妙に視線を感じるなーー、と思ったら

 

変なミドリぃやつがこっち見てたーーー!!!

 

f:id:zizichan1103:20200605123605j:plain



 

ハンガリー版ゆるキャラでしょうか。

ちっとも可愛くないんですけど。。

甲羅みたいなの背負ってるし、カメ?恐竜??

前髪ちょっと垂らしてるし、微妙にボブ?!

てかよく見たらまつげあるしネックレスしてるし、女キャラ?!?!

そして手に持っている謎の緑の丸ステッキ。。

 

謎、ナゾすぎる。。。笑


こんな微妙な着ぐるみなのに、こどもたちは大はしゃぎ。平和だねぇ〜(^^)

 

f:id:zizichan1103:20200605123615j:plain



 

さて、変なゆるキャラと別れて向かったのは『中央市場』

ここはブダペストで外せない観光スポットのひとつ。

アクセスしやすいのもポイント。

 

中央市場への行き方

 

●中央市場[Fő Vásárcsarnok]へのアクセス 


地下鉄4号線、またはトラム47、48、49番Fő Vámtér下車すぐ
営業時間:月曜   6:00~17:00
     火~金曜 6:00~18:00
     土曜   6:00~15:00

 

 

 

中央市場は3階建。野菜、鮮魚の他に土産物やフードコートも!

f:id:zizichan1103:20200605123643j:plain



広々した感じが写真からお分りいただけるでしょうか?

 

一階では、肉や野菜などの食料品、香辛料など調味料、フォアグラ、トカイワイン、キャビアなどの高級食品などがずらーり。

 

地下はスーパーマーケットが入ってます。

 

f:id:zizichan1103:20200605123713j:plain



f:id:zizichan1103:20200605123550j:plain



キャビア!2500フォリント(約950円)かぁぁ。

 

f:id:zizichan1103:20200605123653j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200605123704j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200605123600j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200605123610j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200605123632j:plain



フレッシュジューススタンド発見!

 

暑かったし人混みで疲れたしで一気飲み。

おいしかったー(^^)

ちなみに150円くらい。

 

 

二階は土産物屋や食堂が並んでいて、こちらは完全に観光客向けといったかんじ。

 

f:id:zizichan1103:20200605123620j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200605123759j:plain



 

ちょ、ちょっと待って!!

 

これ、完全に左が天童よしみで、右が森公美子じゃないですか?!(笑)

あまりにも似てるから、つい二体まとめてお買い上げしたい衝動に。

イカンイカン、バックパッカーの基本は「軽量・身軽」これに尽きる。

あらぬ物欲を抑えて次のコーナーへ。

 

f:id:zizichan1103:20200605123626j:plain



ブリキの怪しすぎるゆるキモなオモチャたち。

帽子を持ったピエロみたいなおっちゃんブリキ。

アァァ、なんか知らんけどめちゃ欲しい!

ピエロ手前の目つきの悪いカンガルーもいいなぁ。。

 

変なものたちに後ろ髪を引かれながら、一階へ戻ってきました。

 

f:id:zizichan1103:20200605123638j:plain



f:id:zizichan1103:20200605123648j:plain



海外のマーケットってなんでこうオシャレなんですかね。

ただのコンテナ積み上げてるだけなのに、いちいち絵になる不思議。。

 

続いて向かったのは『工芸美術館』

 

工芸美術館への行き方

 

●工芸美術館へのアクセス 


地下鉄M3コルヴィン・ネジェド駅 Corvin-negyed下車

中央広場から東に約600m、ウッルーイ通り沿いにあります。
営業時間:10:00~18:00

定休日:月曜

 

 工芸美術館は建物見るだけでも一見の価値あり

f:id:zizichan1103:20200605123727j:plain



f:id:zizichan1103:20200605123736j:plain



f:id:zizichan1103:20200605123742j:plain



展示品見る前に、この建物自体に圧倒されました。

美しすぎませんか!?

 

調べてみればこの建物は、ブタペストにおいてアールヌーボー的なデザインが施された最初の建物だそう。

入口のホールを飾る列柱回廊のデザインや、色どりの多彩なセラミックを使った屋根など、近代的技術が駆使されているのだとか。

 

16世紀〜現代の家具、織物、陶磁器、ガラスなどがカラーごとに展示されていて

展示の仕方もめちゃシャレとんしゃー(博多弁でおしゃれだねぇ、の意味) 

  

f:id:zizichan1103:20200605123708j:plain



セラミックの野菜。エイチピーデコにありそう!ほしい!

 

f:id:zizichan1103:20200605123723j:plain



ザリガニとカタツムリのコラボ皿。

どうやって料理を盛り付けるのかは置いといて。これが芸術。これがアート。 

 

 

f:id:zizichan1103:20200605123753j:plain

f:id:zizichan1103:20200605123731j:plain

f:id:zizichan1103:20200605123723j:plain

f:id:zizichan1103:20200605123708j:plain

f:id:zizichan1103:20200605123658j:plain

f:id:zizichan1103:20200605123747j:plain



グリーンのカラーリングがたまりませーん

展示を見終わったあと、ふと上を見上げたら天井もステキすぎて、思わずため息でちゃいました。

 

いやー、目の保養になりました。

満足したし今日はこれにて終了!また次回♫

 

 

☆ブダペストを一望できる絶景ポイントはこちらで紹介してます。
zizichan1103.hatenablog.com

 

 

オススメのホテル予約サイト

>海外のホテルを予約するときは、ホテル掲載数が多い&値段の比較がわかりやすい【Booking.com】 で検索します。

>良さげなホテルを見つけたら、今度はagodaで再検索。
Booking.comよりアゴダの方が安い時があるのでこちらもチェックしてます!

 

オススメの航空券予約サイト

>海外航空券はスカイスキャナー が断然使いやすい!
航空券を一括比較する検索サイトの中で、一番見やすいので毎回必ず使ってます!

 

海外旅行オススメのクレジットカード

>海外旅行におすすめのクレジットカードは楽天カード
私も使っている年会費永年無料のノーマルカードでも、海外損害保険が付帯してます!


>楽天プレミアムカードは、国内・海外航空ラウンジが無料! 海外保険も手厚いので、海外に年2回以上行くならこちらがおすすめ。

 


それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com