Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【ホテル南風楼】宿泊体験を口コミ!朝食バイキングや飲み放題の夕食を完全レポート

f:id:zizichan1103:20201230140118j:image

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

島原温泉 ホテル南風楼 に泊まってきました。

正式名称は、島原温泉 南風楼 星降る夜と朝日に輝く海に遊ぶ温泉リゾート。ながっ!笑

リゾートとあって、館内も屋外も遊んだりくつろげる工夫が満載のホテルでした。カップルやお子様連れにもおすすめだと思ったので、詳しくレポートします。

※当記事の情報は2020年12月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

 

目指すは、温泉革命!旅館の夜をもっと楽しく!もっと自由に!老舗ホテル南風楼

 

f:id:zizichan1103:20201230140904j:image

ホテル南風楼は創業百余年の老舗ホテル。島原温泉でホテルといえばここ!と言われるほど界隈では知名度の高いホテルです。ホテルの外観はいわゆる老舗旅館っぽい風情ある雰囲気とは違いますが、周辺の建物とは圧倒的に違う風格ある堂々たる佇まいに「来たな」という感じ。

車が敷地内に入るますと、待ってましたとばかりにすぐさま2,3名ほどのスタッフがお出迎え。車の誘導をしてくださいます。


f:id:zizichan1103:20201230140719j:image

入りますと明るいフロント。検温と消毒をした後チェックインです。フロント横のドリンクコーナーでコーヒーやジュースのウエルカムドリンクがいただけます。な〜んとビールもあるんですよ!

 

f:id:zizichan1103:20201230162816j:image

ホテル南風楼はとっても広い。「潮館」「本館」「THE GRAND  OCEAN'S」という3つの建物があります。最もリーズナブルなお部屋(露店風呂なし)の場合は「潮館」、半露天風呂付きやデザイナーズ客室は「本館」、最もお値段の張る露天風呂付き客室が「THE GRAND  OCEAN'S」となります。

 

オーソドックスなツインのお部屋

 

設備


f:id:zizichan1103:20201230140849j:image

我々は潮館のもっともリーズナブルなお部屋を予約。

こちらがツインの客室です。海側と山側でお値段違います(確か5,000円ほど)

宿泊の目的は温泉、というわけで、ほとんど部屋にいることもないので山側を選びました。


f:id:zizichan1103:20201230140934j:image

部屋には謎の和室エリアが。いちごみたいな形のビーズクッションが4つ。


f:id:zizichan1103:20201230140956j:image

デスクとチェア。チェアはふかふかで立派でした。


f:id:zizichan1103:20201230141019j:image

ポットとミネラルウォーター。お水は無料。


f:id:zizichan1103:20201230140726j:image

緑茶のティーバッグと湯のみ。残念ながらお茶菓子はありませんでした。そして金庫。


f:id:zizichan1103:20201230140901j:image

なぜか部屋に体重計が。あると乗っちゃうのが体重計です。

 

f:id:zizichan1103:20201230140827j:plain

冷蔵庫はミニタイプ。

 

f:id:zizichan1103:20201230140923j:plain

スマホの充電器忘れたー!!となっても安心してください。ベッドの横にマルチな充電器がスタンバイ。

 

トイレ、シャワー、アメニティー


f:id:zizichan1103:20201230140855j:image

トイレとお風呂。ユニットバスでした。ま、大浴場を利用するので使いませんでしたが。清潔感はありました。


f:id:zizichan1103:20201230140710j:image

アメニティーは歯ブラシとブラシとカミソリ。


f:id:zizichan1103:20201230140723j:image

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ。ちょっと汚れが気になりました。

 

Wi-Fi

 

ホテル南風楼は館内フリーWi-Fiでした。部屋にWi-Fi接続の案内があり、パスワードも不要なので、すぐに繋がりました。



f:id:zizichan1103:20201230140916j:image

ちなみに山側の景色です。山側といっても山はないのですが。

 

絶景露天風呂が控えめに言って最高!

 

f:id:zizichan1103:20201230174622j:plain

出典:【公式】温泉 絶景露天風呂 | 長崎県 雲仙・島原温泉 ホテル 南風楼

 

さて、早速大浴場へ。

ホテル南風楼の目玉は何と言っても展望露天風呂

島原随一の源泉かけ流し露天風呂は写真は撮れませんでしたので、公式ホームページの写真からお借りしました。まさにこの景色で温泉が楽しめるんです!

ちなみに男湯は2階、女湯は3階となっています。目の前の海と地平線、どこまでも広がる空を眺めながらのお風呂は、本当に贅沢で癒されました。翌日の朝も入ったのですが、朝日が清々しく最高に気持ちよかったです^^

 

f:id:zizichan1103:20201230175139j:plain

他にも泡風呂やシルキーバス、天空ひとり露天など、様々なお風呂があって飽きません。お子様用のつぼ湯なんかもありましたよ。さらに露天がある屋外にもドリンクバーがあるんです。小さな棒アイスも用意されていて、アイスを食べながら熱々のお風呂〜。ここはまさに天国♪って感じでした。

 

ホテル南風楼の食事


f:id:zizichan1103:20201230140938p:image

食事は潮館1階のレストラン、プラージュにて。会場入る前に検温と消毒がありました。テーブルは各部屋ごとに仕切られていて、十分なソーシャルディスタンスが取られていました。

 

f:id:zizichan1103:20201230141012j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140743j:plain

夕食は飲み放題!ということで右上がドリンクバーのメニューです。生ビールや日本酒、ワイン、ウイスキー、ソフトドリンクなど飲み放題ってすごい!


f:id:zizichan1103:20201230140820j:image

早速生ビールをセルフで。機械が上手に入れてくれます。液体:泡=8:2の黄金比で美しく仕上げてくれましたよ。


f:id:zizichan1103:20201230140852j:image

ワインは赤と白とありました。ノンアルコールビールもあります。

 

f:id:zizichan1103:20201230140858j:plain
f:id:zizichan1103:20201230141006j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140929j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140731j:plain

ウィスキーや果実酒、カクテルなど。決して種類は多くはありませんが、飲み放題としては十分なラインナップ。セルフなので量や濃度も自分好みにできますしね^^


f:id:zizichan1103:20201230140953j:image

お酒だめな方やお子様にはソフトドリンクも。お茶、ジュース、ジンジャーエールなど。なくなったらすぐに補充されてました。

 

f:id:zizichan1103:20201230140801j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140926j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140813j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140733j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140842j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140737j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140907j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140806j:plain

お料理は長崎県産牛懐石。お刺身、タイの煮付け、焼肉、具雑煮、フグの天ぷら、炊き込みご飯、デザートは長崎のミルクセーキでした。ボリューム満点でバランスがよかったです。料理が運ばれるタイミングも完璧で、スタッフの接客もよかったです。

 

ホテル南風楼は夜8時からが本番!大人も子供も楽しめる仕掛けが満載


f:id:zizichan1103:20201230140817j:image

夜になると、海に面した中庭がライトアップされムーディーな雰囲気に。


f:id:zizichan1103:20201230140758j:image

テーブル席やテントもあって、夏は夜風に当たりながらお酒飲めるんでしょうね。残念ながら極寒の12月のため、誰もいませんが。おもちゃの貸し出しもあるので、昼間は子供が遊んでいましたよ。


f:id:zizichan1103:20201230141025j:image

ってちょっとまった!

見覚えのあるピンクの扉、、、

どこでもドア発見!!

あと100年くらいしたら、本当にどこでも行ける世界になってるのかしら。


f:id:zizichan1103:20201230140713j:image

でね、ここからがホテル南風楼の本気ですよ。

本館フロントの奥に広がるのは「ほんだなcafe」と呼ばれるスペース。この写真だけ見たらホテルとは思わない。


f:id:zizichan1103:20201230141009j:image

文庫本や雑誌、子供向けの絵本など、小さな町の図書館並みの品揃えでした。お尻探偵もご覧のラインナップ。


f:id:zizichan1103:20201230140910j:image

こちらは「すごもり箱」と呼ばれる、お一人様で読書を楽しむコーナー。


f:id:zizichan1103:20201230140707j:image

宿泊客のみなさん、思い思いの時を過ごしてありました。


f:id:zizichan1103:20201230140716j:image

こちらは「コワーキングスペース」なんとお仕事部屋まで完備してます。って温泉宿まで来て仕事したくないですけどね、、、

 

f:id:zizichan1103:20201230140838j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140804j:plain

キッズの遊び場。遊んで食べて温泉入って、お子様も大喜びの滞在になりますね。

f:id:zizichan1103:20201230140845j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140746j:plain

他にも卓球台やオセロコーナーもあったりして。大人から子供まで遊べる仕組みが整ってます。 

 

ホテル南風楼の朝食バイキング


f:id:zizichan1103:20201230140946j:image

朝食はバイキング形式でした。バイキングの時間は7:00〜9:00まで。8時以降は混み合うとのことで、早起きして7時過ぎに行きました。宿泊客は透明の手袋とマスク必着です。

f:id:zizichan1103:20201230140913j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140823j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140831j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140959j:plain

パン、ご飯、味噌汁、サラダ、お惣菜など充実していましたよ。

 

f:id:zizichan1103:20201230140754j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140950j:plain

島原名物もいくつかあって、ひょっつるはワカメの葉100%のワカメ麺。

f:id:zizichan1103:20201230141022j:image

朝からしゃぶしゃぶ!雲仙もみじ豚のしゃぶしゃぶです〜

 

f:id:zizichan1103:20201230140740j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140750j:plain

ラーメンやおでんまで!おでんは味しみしみで美味しかったです。


f:id:zizichan1103:20201230140834j:image

オープンキッチンエリアでは、チーズにまみれたカルボナーラなんかも。


f:id:zizichan1103:20201230140943j:image

お子様用のプレートも盛り付けられた状態でスタンバイ。


f:id:zizichan1103:20201230140920j:image

島原名物のかんざらし。しらたまに特製の蜜をかけたものです。お上品な味わいでした^^

 

f:id:zizichan1103:20201230141002j:plain
f:id:zizichan1103:20201230140809j:plain

プリンやヨーグルト、セルフのソフトクリームもありましたよ。デザートも充実してて良かったのですが、お味噌汁が美味しくなかったのが残念でした(^^;;

 

ホテル南風楼の口コミをチェック

料理、お風呂も期待を裏切らないすばらしいさ。 ロビーから、一面におかれた本は一気にテンションあがります。こどもたちもキッズスペースや漫画、ゲームに次から次に楽しんでいました。 家族みんな大満足で帰りました。 お風呂からの眺め、料理の味も最高でした。 コロナ対策もされていて、安心して過ごすことができました。(一休.comより引用

 

初めての利用で少し不安はありましたが、客室すごく綺麗ですし、ご飯がとても美味しく、大満足です。観光するよりホテルにずっと居ればよかったなと思うぐらい楽しめる設備がたくさんありました!また必ず利用したいです!(一休.comより引用

 

お風呂も何回も入れてゆっくりできたし 大浴場も沢山あってゆっくりできました。 お部屋にも沢山の無料の飲み物とスイーツやスクリーンで観れる映画も迫力ありました。 夕食は 海鮮好きのあたしたちにはもってこいの料理でした! 朝ごはんのバイキング和食も洋食も沢山種類がありどちらも食べました笑(一休.comより引用

 

ご飯も豪華で、安いプランだったのですが、十分にお腹いっぱいに!そしてとても美味しかったです!お風呂も子供連れでも安心して入れるよう、椅子やソープもあり感動しました。感染対策もきちんとしてあり安心できました。(じゃらんより引用

 

部屋に入った瞬間感動しました。海と露天風呂が一体になり、主人は何度も満喫していました。大浴場にも私は行き、サービスが行き届き、浴槽の前に大画面のテレビげあり、初めての事で驚きました。(じゃらんより引用

 

今回は記念日の旅行だったので少し奮発して南風楼さんを利用させて頂きました。今までは寝るだけだから…とリーズナブルなホテルを利用していたからかも知れませんが、接客、料理、設備、アイデア等、全てにおいて感動レベルで大満足しました。(じゃらんより引用

 

<まとめ>ホテル南風楼はカップルや子連れで一日中楽しめるリゾートホテル!オーシャンビューの露天風呂は誰もが感動する気持ち良さ

 

以上、ホテル南風楼滞在記でした。

個人的に評価すると、、、

部屋 ★★★☆☆

朝食 ★★★☆☆

接客 ★★★★★

風呂 ★★★★★

夕食 ★★★★☆

清潔感 ★★★★☆

やはりお風呂がピカイチでした。絶景の露天風呂は今後忘れられないと思います。

夕食もボリュームあって美味しかったし、スタッフのさりげない気遣いや接客も気持ちよく好印象でした^^ 島原へ行くならおすすめのホテルです!

 

 

おすすめの九州のお宿

 

他にもおすすめな九州の宿泊施設をご紹介します。

いづれも福岡から車で行けて、実際泊まってみて満足度の高かったお宿ばかりです。

ぜひお出かけの参考にしてください^^

 

奥八女別邸やべのもり(福岡県八女市)

 

福岡八女市の一棟貸しの宿「やべのもり」は自然に囲まれてのんびりと贅沢な時間を過ごすことができました。二人だけののどかな時間を過ごしたいカップルにおすすめです。

>奥八女別邸やべのもり

zizitabi.com

渓流ヴィラITSUKI(熊本県五木村)

 

熊本五木村の「渓流ヴィラITSUKI」はグランピングも楽しめる一棟貸しのお宿。客室は細部までこだわっており、食事も最高に美味しく感動の宿泊となりました。

記念日旅行などにとってもおすすめできるお宿です。

>渓流ヴィラITSUKI

zizitabi.com

ふかほり邸(福岡県久留米市)

 

福岡久留米にある古民家を改装した温泉宿泊施設「ふかほり邸」

泊まるとお値段張るのですが、ランチ+温泉は一人5,000円とお手頃価格。お食事は手が込んでいて美味しく、温泉はトロトロで癒されました。

ドライブがてらぜひ行っていただきたいです。

>九州・福岡の温泉旅館 ふかほり邸

zizitabi.com

 

スパフランピングビレッジ大牟田(福岡県大牟田市)

 

アクティブなカップルにおすすめなのは、福岡大牟田市にある「スパフランピングビレッジ」です。アメリカのキャンピングカーに宿泊できるので非日常感満載!バーベキューも手ぶらで楽しめますよ^^

>SpaFranpingVillage大牟田

zizitabi.com

 

小値賀島古民家ステイ(長崎県小値賀島)

 

カップルで島旅したい!という方におすすめなのは、長崎県五島列島の小値賀島。

築100年以上の古民家をリノベした古民家ステイは思い出に残ること間違いなしです。客室の様子や雰囲気などこちらをどうぞ。

>五島列島おぢか島 古民家ステイ

zizitabi.com

 

うれしの元湯(佐賀県嬉野市)

 

温泉にとことんこだわりたい!トロトロの温泉にじっくりと浸かりたい!という温泉大好きなカップルには、佐賀県嬉野の「うれしの元湯」へ!老舗旅館は気配りがあり居心地良し。何よりも温泉の質がめちゃくちゃ良かったです。さすが日本三大美肌の湯です。

>うれしの元湯

zizitabi.com


それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com