旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

ポーランド旅行にオススメの観光地をご紹介!〜ちょっとマイナー編〜

こんにちは。

旅好きアラサー半ばのziziです。

 

前回は、初めてポーランドに行く方に向けて、主要都市の見どころや必要日数などをご紹介しました。

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は、ちょっとマイナーなポーランドの都市について。

 

 

  • ポーランド旅行は2回目です!
  • ワルシャワやクラクフはもう行っちゃいました!
  • 他の人とかぶらない観光がしたい!
  • ポーランドの可愛い村に行ってみたい!

 

 

といった方に読んでいただきたい内容になってます。

旅程組みのお役に立てればこれ幸い。

 

アラサー半ばの旅女の独断と偏見入りますので、一個人の意見として参考になれば嬉しいです(^^)

 

 

 

二度目のポーランド旅行におすすめのマイナー都市4選

 

f:id:zizichan1103:20190811193028j:image

 

今回ご紹介するのは、⑤〜⑧の4つの都市。

 

 

⑤曲がった木がある森への拠点となるシュチェチン。

⑥カラフルで可愛い建物が立ち並ぶポズナン。

⑦お花のペイント「ザリピエ村」への拠点となるタルヌフ 。

⑧観光客がほぼいない、のどかな街プシェミシル。

 

 

 

あまり聞きなれない地名も多いのではないでしょうか?

私もポーランド行くまでひとつも知りませんでしたσ(^_^;)

 

でも、行ってみるとそれぞれに特徴があり、歴史があり、興味深い街ばかりでした。

 

ワルシャワやクラクフの大都会もいいですが、ポーランドの古き良きスローでほっこりする旅もまた特別な思い出になるはずです。

 

 

ポーランド旅行におすすめの観光地:曲がった木がある森への拠点となるシュチェチン

 

f:id:zizichan1103:20190811193526j:image

 

シュチェチンはポーランドとドイツの国境付近に位置するポーランドで7番目に人口の多い街。

 

シュチェチンの街自体はこじんまりとしていて、これといった観光名所もありません。

 

ですが、『曲がった木のある森(crooked forest)』に行くための拠点として、今後訪れる人も増えるのではと睨んでいます。

 

この曲がった木、初めてみたときは衝撃でした。

 

ぐにゃりと地面に沿って大きく湾曲した幹。

 

一体なぜ曲がっているの?

誰かが故意に曲げたの?

それとも宇宙人のしわざ??

 

実際行ってみた感想としては、ミステリーハンターになった気分を味わえました(笑)

 

行き方は、シュチェチンから電車で30分の最寄駅で下車したあと、森までは徒歩10分ほど。

 

往路は割とスムーズに行けるのですが、帰りの電車の本数が極端に少ないことと、時刻通りに来ないことから、なかなかアクセスしにくい状況。

 

観光客といっても、まだまだポーランド国内もしくは近隣のドイツなどから車で来る人がほとんどらしく、観光客向けにツアーを組んだり、電車の本数を増やしたりといったことは一切行ってないようです。。

 

上の画像を見て、未だに曲がった理由が解明されていないミステリアスな森に行ってみたい!と思われた方は、ぜひ以下の記事をご参照ください(^^)

 

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

 

ポーランド旅行におすすめの観光地:カラフルで可愛い建物が立ち並ぶポズナン

 

f:id:zizichan1103:20190812095238j:image

 

ポズナンは10世紀ころ、首都として商業や政治の拠点として栄えた、ポーランドでもっとも古く歴史のある町。

 

第二次世界大戦ではソ連軍との戦闘により、旧市街の約9割が破壊されてしまいました。

 

しかしながら、戦後、ポズナンで生き残った人々が焼けずに残された資料などを参考にしながら旧市街を復元しました。

 

その旧市街が、まるで絵本の中の世界のようにカラフルで可愛いんです。

 

赤、黄、緑、青、、と並んだ建物はお洒落なチョコレートのパッケージみたい。

 

ヴロツワフから電車で2時間半ほどなので、ヴロツワフから日帰りで訪れることも可能です。

 

ポズナンの詳細はこちらからどうぞ。

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

ポーランド旅行におすすめの観光地:お花のペイント「ザリピエ村」への拠点となるタルヌフ 

 

f:id:zizichan1103:20190812095450j:image

 

 

タルヌフはクラクフの東側に位置する地方都市。

 

タルヌフを訪れる日本人は毎年増加傾向にあるのだとか。

 

その理由はただひとつ。

『ザリピエ村』に行く拠点になる街だからです。

 


f:id:zizichan1103:20190812101846j:image

f:id:zizichan1103:20190812101840j:image



ザリピエ村は、一目見た瞬間から女子の心をわしづかみにする可愛いで溢れる村!

 

色とりどりのお花のペイントが施された家は、どこかおとぎの国に迷い込んだような錯覚に陥りそう。

 

運が良ければ住人の家にお邪魔できちゃいます。

 

住人の方が作るハンドペイントの雑貨は、一生の思い出になること間違いなしです。

 

ザリピエ村へのアクセスや詳細はこちらからどうぞ。

 

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

 

ちなみにですが、タルヌフ市内もお洒落なレストランやカフェが多く(しかも安い!)人々も親切でとても良い街です(^^)

 

ポーランド旅行におすすめの都市観光地:のどかな街プシェミシル

 

f:id:zizichan1103:20190812102317j:image

 

最後にご紹介するのは、ポーランドとウクライナの国境近くの街プシェミシル。

 

今回ご紹介した中でもとりわけマイナーなプシェミシルは、特に用がない限り行く機会はほとんどないでしょう。

 

私はウクライナのリヴィウという街から電車でポーランド入りしたのですが、その時一泊したのがプシェミシルでした。

 

プシェミシルは一言で言うと、のどかでゆったりした時間が流れる静かな街。

 

コンパクトなサイズ感で2〜3時間もあれば見て回れます。

 

しかしながら、大小合わせて6つの博物館があり、中には『ベルとパイプの博物館』なんていう一風変わった博物館もあります。

 

街の外れには小高い丘の上の『カシミール王宮』もあり、お散歩しながら市内一望してみたり。

 

観光客もほとんどいないため、のんびりと散策を楽しめます(^^)

 

 

プシェミシルの詳細はこちらからどうぞ。

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

ポーランド旅行におすすめのマイナー観光都市まとめ

 

今回は、シュチェチン、ポズナン、タルヌフ、プシェミシルの4つの地方都市をご紹介しました。

 

  • 知る人ぞ知るポーランドのミステリースポットに行ってみたい方はシュチェチンへ!
  • ポーランド最古の街で食事や町歩きを楽しみたい方は、テーマパークみたいな旧市街があるポズナンへ!
  • これぞ女子旅、フォトジェニックな写真を撮りたい方は、タルヌフからザリピエ村へ!
  • 東ポーランドの歴史や文化に触れたい方は、博物館が密集するプシェミシルへ!

 

 

◎自分に合った宿がお得に見つかる!
ポーランドの格安宿探しは【Booking.com】

 

 

 

ポーランド旅行が初めての方には、こちらの記事にてまずは行くべき王道の都市や観光名所など紹介してます。

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

 

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村