旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

ドイツのライプツィヒ観光。聖ニコライ教会とメードラーパッサージュが美しすぎた!

こんにちは。

アラサー半ばで会社を辞めて世界一周したziziです。

 

 

前回は、ニュルンベルクの街歩き途中、グミ食べてたら歯が欠けたマヌケな話でした。

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

さて、ベルリンとニュルンベルクのちょうど中間に位置する『ライプツィヒ』という街にやってきました。

 

 

ドイツのライプツィヒってどんな街?

 

ライプツィヒは「音楽の街」と言われるほど、偉大な音楽家たちのゆかりの地として有名な街。

 

その顔ぶれは、バッハ、ワーグナー、メンデルスゾーン、シューマンなどなど。

 

クラシックお好きな方には馴染み深い街かもしれませんね(^^)

 

f:id:zizichan1103:20200621124845j:plain



↑存在感バツグンのバッハさん

 

 

そんなライプツィヒの中心地をぷらぷら歩きます。

 

首都のベルリンや日本からの発着が多いフランクフルトに比べると観光客は少なめですね〜。

 

でも、のどかな地方都市といった感じでもなく、街は活気があってお店やレストランもたくさん。

 

「ちょうど良い都会」ってかんじです。

 

日本で例えるなら、私が住んでる福岡みたいな。

 

ほどよく人も多くて、街の中心に娯楽施設や商業施設、行政などがぎゅっと集まってて便利♪

そして物価も都心に比べて安い!みたいな(はい、地元福岡大好き女です)

 

 

ライプツィヒの美しき商店街『メードラーパッサージュ』

 

 

まず向かったのが『メードラーパッサージュ』

 

f:id:zizichan1103:20200621124830j:plain



 

パッサージュはアーケード、つまり商店街みたいな意味合いなのですが、下町情緒溢れる浅草の商店街とは真逆のお上品でおっしゃれーな雰囲気。

 

なんなら、Tシャツ&ショートパンツで着ちゃってますが大丈夫ですかね?

と思っちゃうくらい。

 

でも安心してください。

短パンOKです!

とゆうか、ドレスコードなんてありませんのでご心配なく(^^)

 

f:id:zizichan1103:20200621124840j:plain



 

1914年に誕生した全長140メートルのアーケードには、たくさんの飲食店やブディック(と表現するのが似つかわしいマダム経営のお店)が立ち並んでいます。

 

ところが残念なことに、行きたかったカフェは潰れてました(>_<)


こんなこともあろうかと、もう一軒チェックしてたのですが、そちらはドイツ語メニューしかなくて退散。

 

普段だったら、お店の人に聞いたり翻訳アプリ使って頑張るのですが、この日はなんだか気分が乗らずそそくさと店を出ました。

 

メードラーパッサージュ営業時間

 

 

<営業時間>

月曜〜土曜  9:30〜20:00

日曜定休

 

 

メードラーパッサージュを出て目に入ったホットドッグのスタンド。

 

f:id:zizichan1103:20200621124728j:plain



 

パッサージュで優雅にランチの予定を急遽変更!

 

ひとつ2.5ユーロ。


シンプルにおいしいー( ´ ▽ ` )


まぁまぁでかいけど、ペロリと完食でした!

 

 

ライプツィヒ最古の『聖ニコライ教会』

 

 

そのあと、中央駅から南のゲーテ通り沿いにある『聖ニコライ教会』へ。

 

f:id:zizichan1103:20200621124757j:plain



 

逆光になっちゃった(^^;)

 

850年の歴史を持つライプツィヒ最古の教会なんだそうです。

 

f:id:zizichan1103:20200621124734j:plain



 

中に入ってトキメキました(〃ω〃)

 

f:id:zizichan1103:20200621124745j:plain



 

ピンク淡いグリーンの組み合わせ。

 

どこかヤシの木みたいな柱のデザイン。

 

なんて可愛い教会なんでしょ♡

f:id:zizichan1103:20200621124819j:plain



 

調べてみると、創建当初のロマネスク様式の名残を残しているそう。

 

マリーアントワネットも好きそうなロココ調♡

 

 

f:id:zizichan1103:20200621124807j:plain



 

教会の前にもシンボル的な柱がそびえ立ってました。

 

ヤシの木の上の部分を見てたら、パリのアール・ヌーヴォー思い出しました。

 

ほんとヨーロッパの建築ってエレガントですよね。

 

『聖ニコライ教会』、乙女チック教会に認定です!

(私が勝手に認定してるだけです、笑)

 

 

 

乙女チック教会認定のスロバキアの青の教会もかあいかったなぁ( ´ ▽ ` )

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

聖ニコライ教会営業時間

 

 

<営業時間>

毎日10:00~18:00

 

※特別礼拝やコンサートなどの例外あり。

日曜は複数回行われる礼拝の合間のみ入場可。

 

料金:無料

 

<おまけ情報>

ライプツィヒに土曜日滞在するのであれば、『オルガンコンサート』が
毎週土曜17:00~あるみたいですよ!!
料金は2ユーロ。

 

 

古本から絵本まで。ライプツィヒおすすめ書店『ANTIQUARIAT』

 

そのあとたまたま見つけた古本屋さんが素敵でした。

 

聖ニコライ教会の通り挟んで向かいです。

 

f:id:zizichan1103:20200621124850j:plain




店頭で箱にガサっと入れられてた古本。

 

f:id:zizichan1103:20200621124740j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200621124722j:plain




本の装丁がどれもめちゃくちゃ可愛い💕

 

こんな手帳あったら欲しいなぁ( ´ ▽ ` )

 

f:id:zizichan1103:20200621124750j:plain



 

中はこんなかんじ。

 

f:id:zizichan1103:20200621124835j:plain



 

老舗の古本を取り扱う書店なのかな?

 

とっても落ち着いた雰囲気で静か。

 

(お店の方の許可のもと撮影してます)

 

f:id:zizichan1103:20200621124825j:plain



 

お堅い本ばかりなのかと思いきや、絵本コーナーもありました!

 

f:id:zizichan1103:20200621124802j:plain



 

f:id:zizichan1103:20200621124814j:plain



 

私、海外に来たら絵本買うのも好きなんです。

 

その国の言葉で書かれた絵本。

 

読めないんだけど、文字自体のタイポグラフィを見るのも好き。

 

チェコの文字とか可愛いんよね〜

 

海外の絵本はカラフルだけど、どこかレトロな懐かしい色合いのものが多いのでトキメキます♡

 

そうして私の家には各国の読めない絵本や書籍が増えていく、笑。

 

本は言わずもがな重いのですが、つい買っちゃうシリーズのひとつです(o^^o)

 

ライプツィヒの街歩きはまだまだ続きます。

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

*****************************************************

 

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

 

◎他にもドイツ関連記事はこちらからどうぞ。

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

オススメのホテル予約サイト

海外ホテル予約はホテル掲載数が多い&値段の比較がわかりやすい【Booking.com】 で検索!

 

良さげなホテルを見つけたら、今度はagodaで再検索。
Booking.comよりアゴダの方が安い時があるのでこちらもチェックです!

 
オススメの航空券予約サイト

海外航空券はスカイスキャナー が断然使いやすい!
検索結果が最終支払い金額なので安心です。

 
海外旅行オススメのクレジットカード

私も使っている楽天カード

年会費永年無料のノーマルカードでも、海外損害保険が付帯してます!

 

楽天プレミアムカードは、国内・海外航空ラウンジが無料

海外保険も手厚いので、海外に年2回以上行くならこちらがおすすめ。

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizichan1103.hatenablog.com