旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【閲覧注意】世界でここだけ『アイスランドペニス博物館』に潜入してみた。

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

今日は、アイスランドの『ペニス博物館』をご紹介したいと思います。

 

さらっと書きましたが、その名の通りのブツがたくさん掲載されますので、閲覧は自己判断でお願いします。

 

苦手な方はここでご退席くださいね(^^)

 

 

 

アイスランドのペニス博物館

 

f:id:zizichan1103:20191102213338j:image

出典:The Icelandic Phallological Museum

 

アイスランドのペニス博物館(Icelandic Phallological Museum)は、首都レイキャビクにある陰茎を展示している私設博物館。

同種の博物館のうちでは世界最大という、唯一無二の博物館です。

 

アクセス

 

 

幸か不幸か、私が泊まってたホステルの真ん前でした。決してペニス博物館に行きたいから選んだわけではありません。タマタマです。

 

ペニス博物館調査隊

 

今回、ペニス博物館調査の任務にあたったのはこの3人。

 

f:id:zizichan1103:20191102181132j:image

 

神戸出身の日本×韓国のハーフY氏。

リラックマをこよなく愛する26歳。

東の島国日本から持ち込んだ『こくまろカレー』を北の島国アイスランドで仕込み中。

 

f:id:zizichan1103:20191102181500j:image

 

オーストラリア在住の歯科医エディー。

知ってる日本語は『とりあえず生で』

グラサンかけたら犬井ヒロシに激似だったので悪ノリの日本人(私)に「自由だぁぁ!!」と言わされているところ。

 

f:id:zizichan1103:20191102181704j:image

 

アラサー無職のわたくしzizi。この中で最年長。

苦手なのは辛いものとマジックテープのジャリって音。好きな言葉は「止まない雨はない」

弾ける楽器はピアノとギターとトロンボーン。

 

お気づきのとおり、前回のホットドッグと全く同じ顔ぶれでお送りします。

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

博物館へ潜入

 

入り口付近でおどおど恥ずかしがる男たちの背中を押していざ潜入です。

 

f:id:zizichan1103:20191102211211j:image

 

もう一度みなさまに申し上げたいのは、ここはペニスのみを展示している博物館であるということ。

 

93種の動物から取得されたペニスが全部で280点という充実のラインナップです。

 

f:id:zizichan1103:20191102202527j:image
f:id:zizichan1103:20191102202530j:image
f:id:zizichan1103:20191102202241j:image

 

館内に入るや否や、ホルマリン漬けにされた大小様々なペニスが所狭しと並べられています。

 

内訳としては、

55点はクジラ目、36点は鰭脚類、118点は陸生の哺乳類のものであり、エルフやトロール(つまり妖精)のものまで採取したというから驚きです。

 

アイスランドではトロールは目に見えないとされています。見えないものからどうやってペニスを?なんて核心をついたことを口に出したら即退場なのでご注意ください。

 

f:id:zizichan1103:20191102203007j:image

 

この赤くなってるのは元々なのでしょうか?

やたら毛むくじゃらです。シロクマか何か猛獣のもの??

 

f:id:zizichan1103:20191102203159j:image

 

こちらも何かのペニスです。決してトリュフではありません。

 

 

f:id:zizichan1103:20191102203351j:image

 

館内でもひときわ目をひくのが、こちらの巨大ペニス。持ち主はシロナガスクジラさん。

 

170センチで重さは70キロあり、館内最大の標本です。成人の男性ほどの大きさですね。

 

しかしこれは全体のごく一部で、本来のブツは長さ5メートル、重さ350キロもあるそう。

そんな大きなものは、もはやチン列不可能ですね!

 

f:id:zizichan1103:20191102203943j:image

 

館内は標本だけでなく、ペニスモチーフの生活雑貨も展示されています。

こちらは壁に取り付け可能な電話。木製でハンドメイドの温かみのあるお作りです。

 

f:id:zizichan1103:20191102204108j:image

 

実際に使っている様子。

ちなみにこの方がペニス博物館の生みの親、シグルズール・ハーターソンさんです。

 

f:id:zizichan1103:20191102204247j:image

出典:The Icelandic Phallological Museum

 

ではここで、シグルズール氏を簡単にご紹介しましょう。

彼は、幼少期にウシの陰茎から作られた鞭をプレゼントされたのをきっかけに陰茎に興味を持つようになりました。

 

「ウシの陰茎から作られた鞭」をもらう機会なんてそうそうありません。相当な強運の持ち主です。

 

その後、中学校の校長として働いていたシグルズール氏。上記のウシの陰茎の話を友人らにしたところ、新しいウシの陰茎標本をゲット。

 

また、捕鯨基地に勤める教師からはクジラの陰茎標本をもらうことになりました。

 

何もしなくともどんどん集まる陰茎標本。

ペニスでビジネスできるのは自分しかいない!と思ったかどうかは知りませんが、強い使命感を持って博物館をオープンさせるに至ったようです。

 

 

ヒトの陰茎標本

 

2011年、同館は史上初めてヒトの陰茎標本の取得に成功しました。

 

提供したのはアイスランド人のおじいちゃん。

 

彼は生前300人以上の女性と関係をもったプレイボーイでありました。

 

生前残した有名な言葉があります。

 

『死んだら、ペニスに用はない』

 

このまるチンニュースは瞬く間に世界中に広がり、ペニス史に衝撃を与えた年となりました。

 

しかしながら摘出が手順通り行われなかったため、標本はホルマリン処理された、灰褐色の縮こまった物体となっており、同館は引き続き「より若く大きく状態の良い」標本を探しているそうです。

 

f:id:zizichan1103:20191102211258j:image

 

後世に自分が生きていた証を残したい男性のみなさん。

この機会にサムライの一本を寄贈してみてはいかがでしょうか?

ただし、応募には規定のサイズ審査があるそうです。

 

おみやげコーナー

 

世界広しと言えども、ペニスモチーフの雑貨を気軽に購入できるのはここだけです。

 

f:id:zizichan1103:20191102210048j:image

キャンドル。灯すのが楽しみ。

 

f:id:zizichan1103:20191102210234j:image

キッチングッズ。さりげない遊び心で取り入れやすい。

 

f:id:zizichan1103:20191102210345j:image

陶器製のアイテムはツルツルです。

 

料金

 

私が訪れた時は1600クローナ(約1600円)でしたが、2019年11月現在、1700クローナに値上げしている模様。

 

映画『The Final Member』

 

同館がヒトの標本を入手するまでの顛末を描いたドキュメンタリー『The Final Member(邦題:最後の1本)』予告編だけでも楽しめます。

saigo-no-ippon.gaga.ne.jp

 

また、当博物館についてはウィキペディアがめちゃくちゃ詳しく解説してくれてるので、もっと知りたくなっちゃった方はこちらをどうぞ。

 

アイスランドペニス博物館 - Wikipedia

 

 

まとめ

 

アイスランドは曇ったり雨降ったり雪降ったりで、どんよりした日が多いです。

天気が悪くて観光に困った時には、ぜひペニス博物館を訪れてみてくださいね。

 

余談ですが、訪問者の6割は女性だそうです。

女性一人の見学者もいたので気軽に行ってみてください♫

 

 

 

◎アイスランド冬の服装について

zizichan1103.hatenablog.com

 

◎アイスランドの滝と氷の洞窟を巡る一泊二日のツアー体験記

zizichan1103.hatenablog.com

zizichan1103.hatenablog.com

 

◎物価が高いアイスランドで一番安いホットドッグを食べてみた

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

◎自分に合った宿がお得に見つかる!
アイスランドの格安宿探しは【Booking.com】

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizichan1103.hatenablog.com