旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

大分別府の岡本屋売店の絶品卵かけご飯!駐車場やメニューなど

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

一泊二日でおんせん県の大分は別府に行ってきました〜。

 

私がここ何年、別府に来たら必ず食べる絶品のTKG(卵かけご飯)を提供するお店をご紹介したいと思います!

 

卵かけご飯が大好きな全国のカケラーさん、是非ともチェックしてみてください!

 

👇明太子と卵かけご飯の最強タッグ

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

別府「岡本屋売店」概要

今回ご紹介するのは、明礬温泉「岡本屋旅館 」が経営するお食事どころ「岡本屋売店」です。

 

◎岡本屋売店

www.jigoku-prin.com

 

岡本屋売店へのアクセス

 

福岡方面から車だと、別府湾スマートICを出て5分くらい。

 

岡本屋旅館と岡本屋売店の位置関係はこんな感じ。

f:id:zizichan1103:20200119173055j:image

 

岡本屋は元祖地獄蒸しプリンが有名!

 

f:id:zizichan1103:20200119173238j:image
f:id:zizichan1103:20200119173234j:image

この辺りは温泉の熱を利用した地獄蒸しプリンを提供しているお店がたくさんあり、別府のご当地スイーツにもなってます。岡本屋売店が元祖だと言われています。

それゆえ、土日ともなると県外からも多くの観光客がプリン目当てに押し寄せて来ます。

 

岡本屋売店の駐車場


f:id:zizichan1103:20200119173014j:image
f:id:zizichan1103:20200119173052j:image

岡本屋売店には店の前に無料の駐車場があります。22台ほど停められます。土日のお昼時はごった返すので、誘導員が2名体制で誘導してくれます。私が行くのは毎回土日ですが、いつ行ってもまぁまぁ混んでます。この日は土曜日の12時20分くらいに到着しましたが、幸いにも待ち時間なく駐車できました。

 

岡本屋売店のオーダー方法


f:id:zizichan1103:20200119173135p:image

では、早速参りましょう!


f:id:zizichan1103:20200119173116j:image

f:id:zizichan1103:20200119173004j:image

お店に入ると、カウンターの上にメニューがずらりと出ています。店内で食事する場合、まず席を確保してから、カウンターで注文して会計を済ませて、席で待つスタイルです。土日で満席の場合は、まずレジ横の名簿に名前を書いて呼ばれるのを待ちましょう。テイクアウトの場合は、待たずに注文して会計すればOKです。


f:id:zizichan1103:20200119173020j:image

カウンターには、じっくり蒸された「塩たまご」などやタマゴサンドなどワクワクが止まらない品々がずらりと並べられています。

そう、ここ岡本屋売店は地獄蒸しプリンだけが売りではないのです。私はこの塩たまごも大好き!この塩たまごと卵かけご飯を食べるためだけに別府まで片道2時間日帰りできたことも一回や二回ではありません。


f:id:zizichan1103:20200119173121j:image

右手に写っているのは、大分の郷土料理をアレンジした、きな粉を使ったヘルシーな和菓子「やせうま」です。

 

 


f:id:zizichan1103:20200119173057j:image

ちょ、この地獄おにぎりまだ未体験ですが、めちゃくちゃに美味しそう!次回は絶対食べると誓ってお会計。


f:id:zizichan1103:20200119173042j:image

注文カウンターの向かいは、ゆるい感じで物販もあります。

 

岡本屋売店のメニュー


f:id:zizichan1103:20200119173031j:image

実は手打ち讃岐うどんも人気の岡本屋売店。私も初期の頃はうどんばかり食べてました。シンプルに温玉うどんがおすすめですよ〜


f:id:zizichan1103:20200119173008j:image

 

岡本屋売店の食レポ!


f:id:zizichan1103:20200119173038j:image

着席後、ほどなくしてやってきたのが地獄蒸しプリンと塩たまご!


f:id:zizichan1103:20200119173113j:image

塩たまごはそのままでもほんのり塩味で美味しいのですが、塩を追加して食べちゃいます。たまらん美味しさ!でもね、この塩たまごを「お持ち帰り」して食べるとただのゆで卵になる不思議、笑。この場でアチチチ!と言いながら熱々の殻を剥いて食べるのが鉄則です!


f:id:zizichan1103:20200119173127j:image

さて、塩たまごを味わったところで、お待ちかねの卵かけご飯ととり天の最強コンビが到着しました。言わずもがな、とり天は大分名物です。


f:id:zizichan1103:20200119173109j:image

揚げたてで衣はさっくさく。中はジューシーな鶏さんがこんにちは。唐揚げも好きだけど、たまに食べたくなるとり天。からしをちょいとつけて、ポン酢にくぐらせて熱々のうちにいただきましょう。かーーっ!うましうまし。ぺろっと食べちゃいます。


f:id:zizichan1103:20200119173028j:image

で、こちらがわざわざ別府に来てまでも食べたい卵かけご飯です!!

普通ならばここで醤油をまわしかけてしまいそうですが、待ってください!こちらは中のご飯に醤油が混ぜ込んであるので何もしなくてOK。薬味でネギとあおさのりが乗っています。


f:id:zizichan1103:20200119173026j:image

パカっと卵をご開帳〜。半熟加減がたまりません。


f:id:zizichan1103:20200119173011j:image

卵とあおさのりを一緒にお口に頬張れば、あーもうここはパ〜ラダイス!!

別府まで来た甲斐あったわ〜としみじみ。

最後に地獄蒸しプリンをデザートで。ほろ苦いカラメルが大人の味。美味しいけどこれで300円は正直高いと思います。でも買っちゃうけど、笑。

 

 

 

塩たまご2つ、地獄蒸しプリン1つ、とり天、卵かけご飯2つでお会計1,870円でした。ごちそうさまでした〜。


f:id:zizichan1103:20200119173104j:image

食事の味を引き立てるベンチメンバーをご紹介。柚子胡椒とかぼすで自分好みに味付けしちゃいましょう!


f:id:zizichan1103:20200119173045j:image

店内はこんな感じです。手前にテーブル席、奥に畳のお座敷。お座敷からの眺めはなかなか良いのですが、この日はテーブル席でした。次から次へとお客さんがやって来ます。


f:id:zizichan1103:20200119173140j:image

お店の前には地獄釜が設置されており、ここで塩たまごが作られています。セイロには絶対に触らないでください!フリではありません〜。


f:id:zizichan1103:20200119173023j:image
f:id:zizichan1103:20200119173048j:image

お店の前で食べることもできます。この日はそこまで寒くなかったので、テイクアウトしてる人も多かったです。


f:id:zizichan1103:20200119173102j:image

駐車場からの眺めです。奥に見えるのが、別府明礬橋です。店内の座敷からも同じような景色が楽しめます。

 

別府にお越しの際は、ぜひ岡本屋売店でお食事をしてみてくださいね!

卵かけご飯ととり天、塩たまごが個人的にガチでマジの一押しです!!

 

今回は泊まりませんでしたが、岡本屋旅館もとても雰囲気の良い老舗旅館。

いつか泊まってみたいですね〜。

 

岡本屋旅館

岡本屋売店から徒歩1分の「明礬地獄」もおすすめです!

硫黄の臭いがプンプンの中、足湯しながら景色を楽しめます。

詳しくはこちらからどうぞ〜

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

👇地獄巡りは最大規模の「海地獄」からスタートするのがおすすめ!

駐車場の混雑具合や見どころなどを解説しています。 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

👇国内ホテルや旅館をお得に予約する方法をご紹介してます! 

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizichan1103.hatenablog.com