Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

女ひとり旅の珍道中や旅関連のお役立ち情報を発信中

タシケント蚤の市「ヤンギアバッドバザール」行き方、カオスな現場たっぷり紹介!

  当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

タシケントの蚤の市「ヤンギアバッドバザール」に行ってきました!

中央アジア最大の蚤の市と言われている、巨大マーケットです。

"人間以外何でも売ってる"とのことですが果たして...?

行き方は?トイレは?注意点は?

気になるポイントをまとめました。ぜひご参考ください^^

 

※当記事の情報は2024年3月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

\地球の歩き方最新版!/

 

 

タシケント蚤の市「ヤンギアバッドバザール」場所、行き方

 

ヤンギアバッドバザールは、タシケント中心地から10キロ以上離れた南東の場所にあります。アムールティムール広場から車で30分ほど。

行き方は、地下鉄かタクシーとなります。

 

地下鉄の最寄駅は上記地図の「Yangiohod(6-bekat)

タシケントの地下鉄は一律2000スム(約25円)なので、安く行きたかったら地下鉄一択です。

私も地下鉄でと思っていたのですが、駅構内は英語表記がなく乗り換えがわけわかめだったので諦めました(笑)

ウズベキスタンではヤンデックスゴーという配車アプリが便利なのでタクシーで行きました。

料金は380円!タクシーも鬼安!日本の10分の1の感覚。

ヤンデックスゴーの詳細はこちら👇

zizitabi.com

 

タシケントのヤンギアバッドバザール営業日

 

タシケントのヤンギアバッドバザール

水曜、土曜、日曜開催とのこと(2024年3月現在)

蚤の市といえば週末のイメージ。

私は日程の都合上、水曜しか行けなくて「本当に水曜やってるのかな?」と半信半疑で向かいましたがやってました!

ただ、一番のお目当てだったアンティークエリアが水曜は一部おやすみでした。

モノが多く揃うのは週末なのでその点ご注意ください。

 

タシケントのヤンギアバッドバザール所要時間

 

タシケントのヤンギアバッドバザール

蚤の市の規模としてはかなりでかいです。

全てのエリアをさ〜っと回るとしても1時間はみたほうが良いです。

じっくり吟味、値段交渉など考えると1時間半〜2時間は確保したいところ。

 

タシケントのヤンギアバッドバザール何が売ってる?全貌解説

 

ヤンギアバッドバザールの入り口

いちをこちらがメインの入り口のようです。

入り口前は駐車する車と出ていく車で常にごった返して、道路は舗装されてないので砂埃がすごい!

入場にお金をとる蚤の市もありますが、ここは無料です。

入り口にチケットブースみたいのがありますが、ガン無視してずんずん入ってしまってOK。

 

屋根がある場所も結構あるので雨の日でも行けそうですね。

 

入り口からしばらくは、服とか靴とか「お呼びでない」ものが並びます。

 

蚤の市内も車は容赦無く通りますので、くれぐれもご注意くださいませ!

 

しばらく歩くと屋外へ。カラフルなカーペットとか絨毯のコーナー。

 

大きな鍋はプロフ用かな?

 

ゴミだか商品なんだかわからないカオスな陳列。

 

いっぬもちょいちょいいます。この犬は小さくて可愛いけど、野良犬っぽいのもいたので注意!海外の犬ほど怖いものはない...

 

日本から来た、というとおじさんが案内してくれました。

 

旧ソ連時代のピンズとかコインとからしいです。

 

文具や生活雑貨もありました。チープシックで可愛い。

キリル文字の文具惹かれる〜♪

右の値札シールはウラジオストク行った時に買った思い出の品。こんなところで再会するとは。

 

ウズベキスタンと言えばこのお椀!裏のマークでいつ頃製造のものかわかりそうだけど,,,そこまで詳しくないから詳しくはわからぬ。

そして蚤の市全体に言えることですが、値段は書いてません!全て交渉となります。

 

指ぬきですかね?アラビックな文字がグッときた。

グーグルカメラかざしてみたら、なんとウルドゥー語でしたよ。大学時代、友達がウルドゥー語専攻で死ぬほど難しくて留年率高くて死にそう、と言っていたのを思い出しました。

そりゃそうよね、こんな字、いくら勉強したって解読不可能じゃない?

ちなみに私はモンゴル語専攻。モンゴルと日本は文法同じなのが救いだった。

 

話が横道にそれました。ここからはドアシリーズ!ありとあらゆるドア、ドア、ドア。どこでもドアも出てきそう。これ、買ってく人いるのかね?

 

ドアに張り付けの刑に処された赤ちゃん。。

これは野菜の種かな?パッケージがロシアっぽくて可愛いね!

 

売主は基本やる気なし、です。しつこい客引きとか、見てるだけなのに声かけてきたり、とか滅多にありません。ありがたいような寂しいような。

ウズベク人は英語を話せない方が多いので、話しかけたとて。なのかもしれません。

 

突如現る鳥コーナー!ピーチクパーチク賑やかです。

 

でもよくみたらギュウギュウに閉じ込められててかわいそう。。

 

ニワトリに至っては、なぜか小屋から出てるのにそこから一歩も動かずじっとしてるという謎。なんで動かないの?なぁぜなぁぜ?

 

ちょっと色々見るのが辛くなったのでそそくさと退散。

 

アンティークカメラ売ってたおっちゃんに呼び止められる。

極真空手習ってたとかでちょいと日本に詳しい。このおっちゃんは英語が堪能でした。

 

アンティークコーナーは、通りから奥に入った建物内にあるのだそう。水曜はおやすみのお店も多いみたいだけど、特別に案内してもらいました。

 

おおおー!これはすごい。こーゆーの目当てで来てた人なのでテンションあがる!

 

好きな人はゾクゾクするようなラインナップでしょう?

 

ウズベク帽だ〜!と言ったら、頭に乗せて「撮って〜」と。

おっちゃん撮ってもらうの大好きらしい(笑)

そしておっちゃんは一眼で私を激写しまくり(汗)こんなモデルでいいのでしょうか...

 

撮って〜その2。

 

値段聞かなかったけど、高そうなものが並んでる印象でした。

色々お話しできて楽しかった。おっちゃん、ラフマット^^

おっちゃんのお店のインスタはこちら

 

 

その後も何でもござれのエリアが続き...もはや不法投棄なのでは?という家電コーナーを過ぎると...

 

路線にぶち当たりここで行き止まり。

 

来た道とは別の道にて古本売り場発見。目がいっちゃってるこの冊子、味があるな〜

 

工具とか金具とかタイヤとか工具とか金具とか。。

どんだけ売るねーん!という感じ。

この辺のエリアはアジア人がうろつく場所ではないようで、視線が痛かったです(笑)

地元の関係者の男たちしかいない感じ。

 

蚤の市の3分の2は雑貨女子的に関係のない品々でしたが、ソ連時代のアンティークや雑貨などお宝は眠ってる感じでした!カオスでディープな蚤の市、曜日が合えばぜひ行ってみてください!

 

タシケント「ヤンギアバッドバザール」よくある質問

 

トイレはある?

 

2箇所ほどトイレもありました。2,000スムで有料です。おそらくペーパーはないだろうね。

 

蚤の市で食事できますか?

 

私が行った時は食堂と呼べるものは見当たりませんでしたが、軽食スタンドがちらほらありました。プロフも売ってましたよ。

スナックや飲み物の販売もあります。

 

支払い方法は?

 

カードは使えません。現金のみとなります。

蚤の市入り口や蚤の市内にATMは見当たりませんでした。

 

蚤の市から市内へ帰る方法は?

 

私は行きと同じくヤンデックスゴーアプリでタクシー呼んで帰りました。

5.6分待ちましたがちゃんと来ましたよ。

ウズベク人のドライバーは運転荒く、スピード出しがちなので怖いのですが...

 

蚤の市で気をつけることは?

 

不特定多数の人が集まる場所なので、スリには気をつけたいところです。

スリ対策におすすめなのが、服の下に隠せる薄型ウエストポーチ、通称セキュリティーポーチ

パスポート、余分な現金、予備のカードをこの中に入れて常に腹に巻く!

このおかげで今まで被害にあったことは一度もありません。

 

Wi-Fiある?

 

ありません!

ウズベキスタン全体に言えることですが、WiFiが整ってない印象でした。

あってもウズベキスタンの電話番号がないと使えないことが多いです。

しっかりネット環境を整えてから出国した方が◎

 

ネット通信はHolaflyのeSIMがおすすめです。

理由は

  • SIMカード不要でなくす心配なし
  • 日本で事前設定→現地でネットが即開通
  • レンタルWiFiみたいに返却・充電の手間なし

とメリットしかないから!

 

タシケントでは問題なく繋がって快適にネットできました

 

HolaflyのeSIMは、

  • データ量無制限!
  • 24時間日本語サポートあり!

旅行中、データ量気にせずネットできるのは快適そのもの^^

料金は5日間2,400円〜とお手頃です。

 

設定は初めてでも10分程度でできました!

 

\ウズベキスタンでデータ使い放題!/

 HolaflyのeSIM公式サイト 

 

>>タシケントおすすめホテル

 

タシケントの「Beshchinor Hotel」は、

  • 朝食付き
  • 予算1泊5,000円程度
  • Booking.comの口コミ評価が9.0以上
  • カード決済可能

部屋は清潔、必要なものは揃っていて、スタッフの対応も良かったのでおすすめです!

 

朝食も毎日ちょっとずつ違いました。お粥もありましたよ。

 

\空室情報をチェック!/

 Booking.comで詳細を見る 

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人のプロフィール◎

zizitabi.com