旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【福岡珍スポット】那珂川の不思議博物館に潜入。クソゲーより難しい館長とのトークを楽しもう!

f:id:zizichan1103:20200705075807j:plain
こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

福岡市民のバイブル Y氏は暇人に紹介されていた福岡にある「不思議博物館」

ご紹介時よりずっと行きたいと思いながら、月に一回のみのオープン&泣く子も黙るアクセスの悪さでズルズルと行くタイミングを逃していました。

が、今回「うなぎの黒田屋」からさほど遠くないことがわかったのでこのチャンスを逃すまいと行って参りました。

その一部始終を余すことなくレポートします。

写真掲載数100枚超えてますので覚悟してください。トイレに行くなら今でしょ。

 

 

福岡にある不思議博物館への行き方

 

まず皆様に申し上げたいのは、不思議博物館は来る者拒む博物館であるということ。

福岡県民の私でも、グーグル開いて「は?どこやねん?」とぼやきました。

 

ご覧ください。周りはほぼ山です。

毎週末県外へ遊びに出かけちゃう(コロナ前)自他共に認めるフットワーク尻軽女の私ですが、それでもなかなか行こうと思えない、兎にも角にも不便極まりない場所なのです。

 

<不思議博物館 基本情報>

住所:福岡県筑紫郡那珂川町西畑1466-2
電話:090-4989-8783(館長直通)
営業時間:​毎月最終日曜日 12時〜18時のみ(1月は冬眠)
入館料:無料
公式ホームページ:http://bu9t-sm.wixsite.com/html

f:id:zizichan1103:20200629100838j:image

こんな田舎道を山に向かってひた走ります。


f:id:zizichan1103:20200629100617j:image

どんどん山に入って行きます。本当にこの先博物館なんてあるんかいな、とそわそわし始めたまさにその時!

 

f:id:zizichan1103:20200629102941j:image

カーブ手前に「不思議博物館」の看板発見!!急ブレーキで左折したところでまたもや急ブレーキ!!

 

不思議博物館の駐車場


f:id:zizichan1103:20200629100927j:image

なぜなら、この坂よ。。

ええええ???何この心臓破りの坂。駐車場、どこよ?

なんかすでに車2台止まってるし、その先に止めれるのかも謎(実際、建物前は二台以上停められません!)


f:id:zizichan1103:20200629100648j:image

どうしよどうしよ、ともたついていると窓に一匹のカマキリが。

「奥の工場の敷地内に停めれるばい」

カマキリのお告げ通りに進んでみることに。


f:id:zizichan1103:20200629101004j:image

すると確かに駐車できそうなスペースがありました!

池園工業さんの建物前のスペースに車を停めていいそうです。ただし、工場お休みの日祝日のみとのことなのでご注意ください。

以下、公式サイトより引用です。

駐車場は?

バックで坂道を登れば2台停める事が出来ますが、難易度高いです。

ただし、開館日の日曜祝日のみ隣の池園工業さんの御好意により工場前に7台程度停める事が出来ます。

 

バイクは?

最も適している交通手段です。1階に駐車する事が出来ます。

 

タクシーは?

新幹線・博多南駅からタクシーで片道なんと1800円かかります。西鉄大橋駅だと3000円近くかかります。西鉄バス那珂川営業所からだとタクシー乗り場があり、それが一番近いです。


f:id:zizichan1103:20200629100558j:image

では、改めて正面入り口からお邪魔することにしましょう。

もう一度申し上げますと、不思議博物館は来る者拒む博物館開館日は最終日曜日の12〜18時のみ。生理が来るよりも低い頻度でしかお目にかかれません。

 

不思議博物館の外観

 

f:id:zizichan1103:20200705075307j:plain



建物外観です。すごぶる天気の良い日ですが、そこはかとなく漂う只者じゃない感に入る前からドキドキ。


f:id:zizichan1103:20200629100816j:image

入り口です。なんですかね、この妙にニヤニヤそわそわするカンジ。B級遊園地に来ちゃったときみたい。


f:id:zizichan1103:20200629100739j:image

館長よりのお言葉。怪しさは十分伝わりました。


f:id:zizichan1103:20200629100543j:image

念のために言っておきますが、西鉄バスが止まることはありません。


f:id:zizichan1103:20200629100746j:image

階段上がって2階にあります、と丁寧に説明しているにも関わらず


f:id:zizichan1103:20200629100456j:image

なにこのインターホン。

「ちかっぱ押してください①〜③」って!うっすーく「全部」とか書いてあるし。

ちなみに「ちかっぱ」とは「とても」とか「すごく」の意味。


f:id:zizichan1103:20200629100934j:image

とりあえずめんどいので、何も押さずに階段を上がることに。

「なんダァ、この階段は」と言って登るよう、公式サイトに指示がありましたので従います。


f:id:zizichan1103:20200629100849j:image

登りきると博物館、というか倉庫が目の前に。植物なんかも置いてあってテラス風?なんダァまともじゃん!


f:id:zizichan1103:20200629101007j:image

と思ったのもつかの間、よく見ると頭上には得体の知れない鳥のようなバケモノがこちらを見張っていました。

 

意を決して建物内へ突入!

 

茶色の押すのか引くのかスライドするのかわからない(正解は引く)扉の向こうに突入です!


f:id:zizichan1103:20200629100529j:image

バババーーーン!!!


f:id:zizichan1103:20200629100612j:image

ドドドーーーン!!!


f:id:zizichan1103:20200629100910j:image

ジャカジャカジャーーーン!!!

入場3秒で「お呼びでない」と悟りました。えっと、どうしたら?


f:id:zizichan1103:20200629100705j:image

とりあえず目の前にカフェのメニューがあったので、眺めることに集中。

でもなんも頭に入ってこねぇや。

 

館長とうじょ〜〜〜!!

 

「当館は初めてですか?」

突然背後から声をかけられたので、振り返りますと丸メガネの男性が。

あ、あ、あなたは!!!


f:id:zizichan1103:20200629100609j:image

ジャーーン!!!

この方こそ、不思議博物館の館長、角(すみ)氏なのであります。

誕生日1968年8月23日乙女座 A型なのであります。

真っ先に目に飛び込んできたのは、Tシャツ!!

カラスのパン屋さんやないかい!!

 

カラスのパン屋さん好きな人に悪い人はいない。一瞬で館長に好感が持てました。

 

いや、こう見えて?館長ってばすごいお方なんです。

福岡アジア美術館に出品作品「ARMORED CROSS」3体が美術館の収蔵品になったそう。

 

初めて来た旨伝えると

「こちらと二階部分と一階の庭にある恐竜は見学できます。二階に上がる時は靴を脱いでください。全て無料ですが、カフェを利用していただけると嬉しいです」

と、壊れたラジカセのように何千回と繰り返してきたに違いないセリフを言い放ってスっと消えていかれました。ポカン。


f:id:zizichan1103:20200629100907j:image

とにかく、まずは一階を見学だぃ!

この黄色いのは、ベンチかな?怖くて座れないし触れないけど。


f:id:zizichan1103:20200629100852j:image

上を見上げれば、にんじんジェットで飛び立つ未確認飛行物体。


f:id:zizichan1103:20200629100654j:image

それとなく置かれている小物たちも、一つ一つに意味があるのようでないようで。


f:id:zizichan1103:20200629100835j:image

ぴ、ピカチュウ!?


f:id:zizichan1103:20200629100605j:image

えっと、怖いです。


f:id:zizichan1103:20200629100453j:image

触りたい衝動にかられる金ピカの謎なレバー。触ったら何か大切なものを無くしそうなのでグッと我慢です。


f:id:zizichan1103:20200629101029j:image

館長が中二の時に図工の時間に作ったお面です。絶対友達になれないタイプ。


f:id:zizichan1103:20200629100427j:image

カッパについての研究ですね。カッパに似てると言われますので、興味深く拝見いたしいました。

 

f:id:zizichan1103:20200629141906j:image

あ、きのこ。これは可愛い欲しいです。

 


f:id:zizichan1103:20200629100752j:image

壁面収納にも館長のコレクションがぎっちり。


f:id:zizichan1103:20200629100532j:image

え?なんか今言いました?


f:id:zizichan1103:20200629100632j:image

もうお腹いっぱいだよ、って??


f:id:zizichan1103:20200629100536j:image

そんなこと言わずにもうしこしお付き合いください。

ここからが本番です。

  

二階に上がってみた


f:id:zizichan1103:20200629100522j:image

土足厳禁の二階へ上がってみました。


f:id:zizichan1103:20200629100946j:image

カフェスペース兼コレクション貯蔵スペースと言ったとことでしょうか。

ここでくつろげたら大したもんです。


f:id:zizichan1103:20200629100845j:image

もはや館長作なのかどうかも不明な作品たち。


f:id:zizichan1103:20200629100503j:image

フマキラー。。特別な意味はきっとないはず。


f:id:zizichan1103:20200629100759j:image

館長は大のアリス好きということで、懐中時計のうさぎさん。私もアリス好きなので、共通点を見つけられてホッと一息。


f:id:zizichan1103:20200629100626j:image

したのも束の間!なんやねんこれ。


f:id:zizichan1103:20200629100723j:image

図書コーナー?ご自由にお読みください。


f:id:zizichan1103:20200629100855j:image

そうそう、不思議博物館といえばメイドの不思議子ちゃん!


f:id:zizichan1103:20200629100431j:image

歴代のメイド服でしょうか?鹿のツノはきっとクリスマス用。


f:id:zizichan1103:20200629100726j:image

テーブルに置かれていた虫図鑑。寄生虫については私も研究している身分ですので興味があり手に取りました。中身については色んな規制が入りそうなので割愛します。

👇気になる方はこちらより

 


f:id:zizichan1103:20200629100512j:image

おっと待ってください。私、発見しちゃいましたよ。


f:id:zizichan1103:20200629100950j:image

アマビエサーーーン!!!!

館長、流行はしっかり取り入れるタイプです。

zizitabi.com

 


f:id:zizichan1103:20200629100903j:image

ちょっとなんかもう目がチカチカしてきたので降りますね。

 

f:id:zizichan1103:20200705074902j:plain



その前に二階からの眺め。博物館全体像が見渡せます。


f:id:zizichan1103:20200629100943j:image

エーート、なんだ、こうゆう感覚、なんて言うんだっけ。

あぁ、そうそう「不思議」だ。


f:id:zizichan1103:20200629101010j:image

降りる際はくれぐれもご注意ください。割とデンジャーな階段です。こんなところで死にたくない。

 

ところで不思議博物館の客層ですが、我々が潜入した時すでにカフェカウンターはほぼ満席でした。話の内容や雰囲気から察するに、6〜7割は常連客かと。

常連らしき方々は軒並み男性で、不思議の世界にどっぷりハマってる感じでした。

しかしながら、(おそらく)一人で来ている女性客や、子連れのパパさんなんかもやってきて、幅広い層に支持されているようでした。

 

カフェってみた


f:id:zizichan1103:20200629100922j:image

ここで帰るのもアレなのでカフェすることに。

値段がちょいちょい上がってるのはこのご時世だもの。

「くまむしケーキ」ってどんなやねん。

 

f:id:zizichan1103:20200629100957j:plain

はい無理〜!笑

昔はノリで注文してたんだけどな。大人になるって嫌ですね。

りんごジュースと旦那氏はアイスコーヒーをオーダー。

りんごジュースは品切れだそうで、メロンジュースならあります♡と不思議子ちゃんに言われました。不思議子ちゃんに言われちゃしょうがない。メロンでオッケーなのです。



f:id:zizichan1103:20200629100859j:image

不思議博物館のオリジナルグッズ。期待を裏切らないラインナップ。10年前なら馬鹿みたいに買い込んでたやろうな。


f:id:zizichan1103:20200629100642j:image

一番惹かれたのは「寝カップ」植物入れて飾りたい。

f:id:zizichan1103:20200629101015j:image

そうこうしているうちにメロンジュースが運ばれました。

ん?お菓子。ガトーレーズンバターだと?


f:id:zizichan1103:20200629100657j:image

天下のブルボンさんやないか。

「レーズン嫌いとかないですかぁ?♡」と不思議子ちゃん。

「大丈夫ですよぉ」と鼻の下を伸ばして答える我々。


f:id:zizichan1103:20200629100919j:image

で、このメロンジュース。どーせファ●タみたいな炭酸系のやつやろ、と思っていたら、本物のメロンを絞ったかのごとし濃厚な味わいで実に美味しかったんです!

慌てて不思議子ちゃんに「このジュース手絞りみたいですごーく美味しい!」と伝えましたところ

「あ、、、これ、トロピカーナです(^_^;)

なんかごめんなさい(;ω;)」

と言われ、アラフォー女めちゃくちゃ恥ずかしい思いをするってゆうまさかの事態発生!キャハ。

 


f:id:zizichan1103:20200629101019j:image

旦那氏が頼んだアイスコーヒーは、そうするとブレンディーあたりか。


f:id:zizichan1103:20200629100730j:image

ちなみに不思議子ちゃんは撮影厳禁です!!

撮影バレたら、つまみ出されるか、館内のオブジェにされるか、館長にハグされるかつまみ出されます。


f:id:zizichan1103:20200629100539j:image


f:id:zizichan1103:20200629100822j:image

なので、不思議子ちゃんのポラロイド写真を見るだけにしときましょう。

一枚100円で買うこともできます。

 

世界一難しいクソゲーに挑戦


f:id:zizichan1103:20200629100636j:image

不思議博物館では、誰でも無料で遊ぶことができます。こちらは、デスクリムゾンとかいうセガサターンのゲームで、伝説のクソゲーと言われているのだそう。

 


f:id:zizichan1103:20200629100930j:image
ゲームは、正面奥のテレビ画面に映し出されます。み、見えにくい!


f:id:zizichan1103:20200629100720j:image

取説です。とりあえずボタンを押せと書いてあるので、押して見るものの、何回やってもいつのまにかゲームオーバーしている初心者でもわかりみが強いクソゲーでした。

 

クソゲーより難しい?館長とのトーク

 

なんだか圧倒されすぎてポカーーンとしていたところ、

「何か質問はないですか?」

と館長からまさかのお声がけをいただきました。

不思議初心者にも優しい館長なのです。


f:id:zizichan1103:20200629100733j:image

とうわけで、こんな機会は2度とあるまいと記念撮影させてもらいました。

何かおもろいポーズを!と思ったのですが、館長の横で緊張してしまいピースしかできなかったアラフォーおばさん。絶賛後悔中です。


f:id:zizichan1103:20200629100620j:image

質問がありすぎてパニクりましたが、取り急ぎ当たり障りのない質問。

私「えっと、この博物館はいつオープンしたのですか?

館長「2008年からです」

私「オォ、もう12年も経つんですね!

んーーーっと、館内の作品は、館長が作られたのですか?」

館長「そうです、巨大アートも全て作りました」

私「こ、この一番大きなこの人はなんですか?」

館長「ブルムトゲクマムシです」


f:id:zizichan1103:20200629100716j:image

私「ほほぅ。そ、素材はなんでしょうか?」

館長「発泡スチロールです」

私「へぇ!発泡スチロールなんですか!スプレーでペイントされ、、」

館長「ここにね、ヒビが入っちゃってね」

私「あぁ、経年劣化ですねぇ。

(しばし沈黙)

ええーーっと、棚に飾られているものも全て館長のコレクションですか?」

 

f:id:zizichan1103:20200629100519j:plain

館長「そうそう。棚もね、あんまり上に重いの載せると大変でしょ」

私「ですよね、地震とかで落ちてきたら大切なコレクショ、、、」

館長「だからぬいぐるみなんかをね、真ん中に配置してるんですよ」

私「なるほど、確かに、それだったらあんし、、、」

f:id:zizichan1103:20200629100446j:image

館長「あそこのね、奥に見えるのがね、私ん家」

私「あぁ、あの「ふ」のところがご自宅なん、、、」


f:id:zizichan1103:20200629100713j:image

館長「お風呂外にあるからね、全裸で入ってるから見えるんです」

私「えぇ!それはそれは、、、、なんというかサービスですね!」

 

館長とのトーク、マジむず、難易度鬼マックスでした。

初心者がおいそれと会話を楽しもうなんて考えちゃダメです。

ってか最後の「サービスですね!」ってなんだよ私。。

 

f:id:zizichan1103:20200629100809j:plain
f:id:zizichan1103:20200629100825j:plain

ちょっともう色々限界だったのでお会計を済ませて裏庭の恐竜みて帰ることに。

スタンプカードもらいました。有効期限は潰れるまで。いっそげ〜〜!

 

館長の頭の中、作業場(アトリエ)をのぞいて見よう!


f:id:zizichan1103:20200629100819j:image

ってことで館内を抜け出し、一階の作業場へ。


f:id:zizichan1103:20200629100639j:image

ここで、唯一無二のクリエイティブなアート作品が生まれるのですね。


f:id:zizichan1103:20200629100651j:image
f:id:zizichan1103:20200629100623j:image
f:id:zizichan1103:20200629100645j:image

このへんはボツになったやつか?


f:id:zizichan1103:20200629100629j:image

作業場の奥にトイレがあって、自由に使えます。


f:id:zizichan1103:20200629100954j:image

割と綺麗です。


f:id:zizichan1103:20200629100806j:image

ただしドッポんなので覚悟してください。私は昭和生まれで問題なし!


f:id:zizichan1103:20200629100601j:image

作業場を抜けると、裏庭へと続きます。


f:id:zizichan1103:20200629101022j:image

人ん家に無断侵入した気持ちになります。


f:id:zizichan1103:20200629100756j:image

何か視線を感じると思いきや


f:id:zizichan1103:20200629101000j:image

この手の雰囲気にありがちなマネキンさんが明後日の方向を見て佇んでおりました。


f:id:zizichan1103:20200629100912j:image

こちらが館長の自宅兼オフィスです。


f:id:zizichan1103:20200629100450j:image

で、恐竜です。

館内のインパクトが強烈だったため、もはや何も感じません。

むしろ、やっとまともなオブジェに出会えた〜ってプチ感動。


f:id:zizichan1103:20200629100553j:image

うーーーん、普通!!笑


f:id:zizichan1103:20200629100549j:image

いちをやってみたけど、1ミリも笑いが起きないのを覚悟の上で掲載しております。


f:id:zizichan1103:20200629100546j:image

再び作業場へ。何これ??


f:id:zizichan1103:20200629100916j:image
f:id:zizichan1103:20200629100442j:image

どこで仕入れるのでしょうか?ミニチュアって結構いい値段するんですがね〜。

すごい数です。


f:id:zizichan1103:20200629100438j:image

頭にハンズマンのビニル袋を纏ったマネキン。

あ、ハンズマンとは九州で展開しているDIY型のホームセンターです。


f:id:zizichan1103:20200629100434j:image

館長、割り箸は律儀に貯めるタイプです。


f:id:zizichan1103:20200629101025j:image

「未定」という二文字がこれほど怖く感じされたことはありません。

一体今後何に使われるのでしょうか。。


f:id:zizichan1103:20200629100749j:image

ピンクのバケツに「メリーゴーランド」

夢か幻のようなものが詰まって、、いません。


f:id:zizichan1103:20200629100525j:image

草間彌生カボチャヘタのうら板

1994年作、2017年はがす

えっと、もしかしてめちゃくちゃ貴重なものなのでは?

マジックで書いちゃって大丈夫だったの!?


f:id:zizichan1103:20200629100803j:image

たった二つしかないスイッチに「手前」「奥」と書き込む館長。

可愛いですね。

ほんと楽しかったです。お邪魔しました!!(最敬礼!)

 

不思議博物館の福袋を買ってみよう

 

最後になりますが、不思議博物館は福岡市中央区の天神にも「不思議博物館分室サナトリウム」というカフェがあります。

詳しくはこちらから

>不思議博物館分室サナトリウム


そしてなんと、今年中に黒字にならなかったら閉館するとのこと!

 

デリケートな部分ですが、館長に直撃で聞いて見たところ

館長「実はそう言いだしてから結構お客さん来てくれましてね^^」

とのこと!!

ぼちぼち儲かってるみたいです!よかったー!!

 

そしてして、コロナ救済プログラムとして「福袋」の販売もしています!

詳しくはこちらから

>サナトリウム コロナ赤字救済福袋

 

 

他にも気になる不思議グッズがいっぱい!

 

 

福袋については、ツベルクリンさんが詳細に解説されてますので、ぜひご参考を!

www.tuberculin.net

※ツベルクリンさん、勝手に掲載させていただきましたが不都合あればおしらせください!

 

<まとめ>来るもの拒む不思議博物館は、一生に一度は見ておきたい丸珍スポット決定!

 

f:id:zizichan1103:20200629100529j:plain

なんやかんや書きましたが、とにかく行って見てください。

百聞は一見にしかず、とはまさにこのこと。

見た人にしかわからない不思議感覚を味わいましょう〜♪


それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

◎アイスランドにはペニス博物館もあるってよ

zizitabi.com

 

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com