旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【ポーランド旅行⑬】ヴロツワフから世界遺産のシフィドニツァの平和教会へ。ヨーロッパ最大の木造教会は外観と内部のギャップがすごかった!

こんにちは。

旅好きアラサー半ばのziziです。

 

前回は、ヴロツワフで2日連続小人を探したお話でした。

zizichan1103.hatenablog.com

 

 

さてさて。


ヴロツワフからミニバスで1時間、『シフィドニツァの平和教会』へ行ってきました。

 

 

ヤヴォルとシフィドニツァ平和教会とは?

 

f:id:zizichan1103:20190804191503j:image


ヤヴォルとシフィドニツァ平和教会は、17世紀半ば、ヨーロッパの大部分を荒廃させた「三十年戦争」と呼ばれるキリスト教宗教紛争の終結と平和の象徴となるべきものとして建てられました。

 

ヨーロッパ最古の木造建築の教会で世界遺産に登録されているそうです。

 

とまぁ、予備知識はこのくらいでサクッと行ってみることに。

 

 

シフィドニツァ平和教会(Church of Peace Świdnicy)の場所

 

 

シフィドニツァ平和教会はヴロツワフから西にバスで約1時間。

 

片道7.5ズォティ(約230円)

 

 

 

 バスの終点で降りて、てくてく歩いて教会まで向かいます。

 

だいたい歩いて15分ほどで教会につく距離ですが

この日は最高気温33度でめちゃ暑かった( ;∀;)

 

途中、ジェラート屋さんでアイスを食べながら教会へ。

 

地図アプリが指し示すところまでやってきました。

 

 

f:id:zizichan1103:20190804191629j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191644j:image

 

ん???

 

これが、シフィドニツァ平和教会!?!?

 


f:id:zizichan1103:20190804191639j:image

 

 

なんか、イメージと違って、えらいシンプルというか、簡素というか。

 

とにかく教会に見えないんですが、合ってるのかしら?

 

 

事前予習では、内部のきらびやかな写真ばかり見てたもんで、てっきり教会自体もゴージャスな感じかと思ってました。。

 

とりあえず、建物の周りを一周してみる。


f:id:zizichan1103:20190804191624j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191634j:image

 

キリストの十字架はあったので、やはりここで合ってるのかな。

 

若干不安はありましたが、外にいても暑いばかりなので思い切って入ってみることにしました。

 

 

中に入ると、受付がありました。

 

「シフィドニツァ チャーチ?」と聞くと、「タク(^^)」と笑顔で迎えてもらえました。

 

合ってたみたいです!

 

入場料は10ズォティでした。

 

 

シフィドニツァ平和教会の中がすごい!

 

入ってみると、そこには異世界が!!


f:id:zizichan1103:20190804191723j:image

 

ジャジャーーン!!!

 


f:id:zizichan1103:20190804191817j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191800j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191807j:image

 

「ウワァァァァ( ´ ▽ ` )」

 

思わずため息が漏れてしまう迫力と美しさです。

 

どうやら私だけではないらしく、周りの観光客からも

 

「オォォ、ビューーーティフル、、、」

 

「アメージング、、」

 

「オゥサム、、」

 

など、驚嘆の声が聞こえてきました。


f:id:zizichan1103:20190804191738j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191744j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191733j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191812j:image

 

木造のシンプルすぎる外観を見て

 

「これ、本当に教会〜( ˙-˙ )??」

 

なんて言って、浅はかな知識だけで来てしまったことが恥ずかしくなりました。

 

シフィドニツァ平和教会は、大規模な破壊と荒廃をもたらした醜い戦争・宗教紛争の終結の象徴として建てられたのですが、教会の建築には様々な条件が課せられたそうです。

 

耐久性のない建材しか使用してはならない。

 

石やレンガを使ってはならない、釘も使ってはならない。

 

伝統的な教会建築様式をとってはならず、塔や鐘も備え付けてはならない。

 

一年以内に建設し終えなければならない。


などなど。

 

頑丈で立派な建物を建てることは認められなかったということです。

 


f:id:zizichan1103:20190804191727j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191750j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191822j:image

 

これが1年以内に建てられた??

 

にわかに信じられません。

 

外観の木造のシンプルな作りからは想像もつきませんが、一歩内部に足を踏み入れば泣く子も黙る内部のきらびやかさなのです。

 


f:id:zizichan1103:20190804191755j:image

 


f:id:zizichan1103:20190804191718j:image

 

いやー、勉強になりました。

ヨーロッパ最大の木造建築教会、一見の価値ありです。

 

 

シフィドニツァ平和教会の営業時間

 

<4月〜10月>

月~土 9:00~18:00

日祝 12:00~18:00 



<11月〜3月>

月~土 10:00~15:00

日祝 12:00~15:00

 

 

公式サイトはこちら→

 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

 

 

ランキングに参加しています。

応援ぽちしていただけると嬉しいです!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村