Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

女ひとり旅の珍道中や旅関連のお役立ち情報を発信中

【ウズベキスタン鉄道】ヒヴァからブハラ列車移動!荷物置き場、売店、車内販売まとめ

  当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

ウズベキスタン鉄道でヒヴァからブハラまで移動しました!

何かと情報が少ないウズベキスタンの列車事情。

駅の売店、車内の様子、WiFiやコンセントの有無、車内販売、荷物置き場、注意点など気になるポイントをまとめました。

ぜひご参考ください^^

 

※当記事の情報は2024年3月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

\地球の歩き方最新版!/

 

 

ヒヴァ駅へのアクセス方法

 

ウズベキスタンではヤンデックスゴーという配車アプリがとっても便利。なのですが、2024年3月現在ヒヴァは非対応エリアとなっています。

ヒヴァの中心地であるイチャンカラからヒヴァ駅までは、およそ3.5キロ離れており、タクシーで10分弱。

白タクと値段交渉することになりますが、私が交渉した結果

  • ヒヴァ駅→イチャンカラ内の宿:2ドル
  • イチャンカラ内の宿→ヒヴァ駅:3ドル

でした。

 

白タクはぼったくり料金を言ってくるので、大体2〜3ドルが相場と覚えておきましょう!

 

ヒヴァ駅構内の売店、コンビニ

 

見た目立派なヒヴァ駅

ヒヴァ駅の構内

ヒヴァ駅の構内

駅にはカフェ兼売店がありました。

販売しているものは、スナック、チョコレート、カップ麺、飲み物、ちょっとした日用品。品揃えはお世辞にもよくありません。

パンはナンのみでした。

 

構内の自販機も空っぽ。やる気ね〜〜

充電コーナーもありましたが、誰も使ってない。

ということは、きっと電気通ってないんでしょう(笑)

 

というわけで、食べ物や飲み物は事前に調達しておいた方が無難です!ヒヴァからブハラまでは7時間かかりますからね〜

 

ヒヴァ駅発着の時刻表

 

2024年3月時点にヒヴァ駅に掲載されていた時刻表です。

 

【ウズベキスタン鉄道】ヒヴァからブハラ乗車方法

 

駅に入る前に荷物チェックがあります。

プラットホームに入る前に、パスポートとチケットチェックあり。

さらに乗車後に再度チケットチェックがあります。

ウズベキスタン鉄道のアプリで予約した場合は、QRコードを見せるだけでOK。

紙のチケットを用意する必要はありません。

が、もしものためにチケットは印刷して持っておくことをおすすめします。

(QRコード読み込めないとか、スマホの電池切れた時とか)

 

【ウズベキスタン鉄道】ヒヴァからブハラ列車の設備

 

ウズベキスタン鉄道

ヒヴァ→ブハラ行き列車の様子をご紹介します。

 

座席

 

タシケント→ヒヴァの夜行列車と同じく、2段ベッド形式でした。

 

夜行列車の時はシーツやタオルが配られましたが、ヒヴァ→ブハラはありませんでした。

 

荷物置き場

 

ベッドの下が荷物入れになっています。

 

列車内はこんな感じで通路は激狭。

ベッド下以外にスーツケース置き場などはありませんの要注意です。

 

WiFi、コンセント

 

クッションあり。WiFiなし。コンセントなし。
私はHolaflyのeSIMを使ってましたが、砂漠突入前まではネット繋がりました。

 

車内販売

 

途中、車内販売が何度か来ました。

と言ってもこんな感じです。スナック、クッキー、チョコ、水、ジュースくらいしかない。

ちなみにポテチ買ったら15,000スム(180円)でした。

 

ヒヴァ→ウルゲンチで一旦停止。ウズベク人はなぜか荷物が多い。。

 

しばらくすると砂漠地帯に突入。こうなると電波も入りません。

 

トイレ

 

各車両にトイレがあります。トイレットペーパーは無くなりがちなので、日本からワンロール持参推奨。

 

お茶、コーヒーサービス

 

各車両にこのようなタンクがあって、熱湯がもらえます。

売店で買ったカップ麺食べられますよ^^

 

係の人に言えば、チャイ(緑茶)かコーヒーもらえます。コップもお借りできました。

砂漠をぼーーっと眺めながら、日本から持参したカップうどんを啜りました。。

 

【ウズベキスタン鉄道】ヒヴァからブハラへ列車移動!まとめ

 

  • ヒヴァ駅前のキオスクしょぼい
  • ヒヴァ駅内の売店しょぼい
  • 車内販売しょぼい
  • 列車内は狭いし暑い
  • 熱湯もらえる
  • ほぼ砂漠地帯走るのでネットできない
  • 7時間かかるから暇つぶしを考えておくべし
  • 大きいスーツケースは入らない可能性大
  • チケットは印刷して持参すべし

 

以下でウズベキスタン鉄道の予約方法をまとめています👇

zizitabi.com

 

 

快適な鉄道旅を!

 

【ウズベキスタン旅行】お役立ち情報

 

治安について

 

ウズベキスタンは比較的治安が良い国です。

日本で過ごすのと同じレベルで治安面では問題ないように感じました。

ですが、バザールや駅など人が集まるところではスリに警戒した方が良いです。

 

スリ対策におすすめなのが、服の下に隠せる薄型ウエストポーチ、通称セキュリティーポーチ

パスポート、余分な現金、予備のカードをこの中に入れて常に腹に巻く!

このおかげで今まで被害にあったことは一度もありません。

 

お金について

 

ウズベキスタンでは、タシケントのホテルや一部レストランなどではカードが使えますが、その他の都市では現金が主流です(2024年3月時点)

タシケント空港やホテルで日本円→スムに両替できます。

その他の場所では、基本的にドル→スムへの両替しかできませんのでご注意ください。

 

カードは圧倒的にVISAが使えます。

海外旅行保険が利用付帯のエポスカード楽天カードとを利用しましたが、どちらも問題なく使用できました。

現金が主流とはいえ、カードはキャッシングもできるので2〜3枚持って行くことをおすすめします。

 

\年会費永年無料!/

 エポスカード詳細はこちら 

 

通信について

 

ウズベキスタンは駅や飲食店などあまりWiFiが整ってない印象でした。

あってもウズベキスタンの電話番号がないと使えないことが多いです。

しっかりネット環境を整えてから出国した方が◎だと思いました。

 

ネット通信はHolaflyのeSIMがおすすめです。

理由は

  • SIMカード不要でなくす心配なし
  • 日本で事前設定→現地でネットが即開通
  • レンタルWiFiみたいに返却・充電の手間なし

とメリットしかないから!

 

タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァで快適にネットできました!

 

HolaflyのeSIMは、

  • データ量無制限!
  • 24時間日本語サポートあり!

旅行中、データ量気にせずネットできるのは快適そのもの^^

料金は5日間2,400円〜とお手頃です。

 

設定は初めてでも10分程度でできました!

 

\ウズベキスタンでデータ使い放題!/

 HolaflyのeSIM公式サイト 

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人のプロフィール◎

zizitabi.com