旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

【唐泊恵比須かき小屋】福岡糸島の牡蠣小屋2020年最新情報!営業時間、メニュー

f:id:zizichan1103:20201108174230j:image

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

牡蠣好きのみなさん〜!

お楽しみの季節がやって来ましたね、そう牡蠣です。牡蠣小屋です〜!

毎年恒例、福岡県糸島市の牡蠣小屋に行って来ました!

今シーズン初でございます。

例年、岐志漁港や船越の牡蠣小屋に行くのですが、今回は「唐泊恵比須かき小屋」に初潜入して来ました。

メニューや値段、駐車場、備え付けの調味料などなど、細かすぎるレポートしていきたいと思います〜!

 

唐泊恵比須かき小屋の口コミチェック

>唐泊恵比須かき小屋の口コミを食べログでみる!

 

岐志漁港の牡蠣小屋情報はこちら👇

zizitabi.com

 

 

唐泊恵比須かき小屋へのアクセス、営業時間

 

 

f:id:zizichan1103:20201108172752p:plain

出典:唐泊恵比須かき小屋(通称:カキ小屋) |唐泊WEB

 

唐泊恵比須かき小屋の駐車場

 

f:id:zizichan1103:20201108163134j:image

唐泊恵比須かき小屋はお店の前に駐車場があります。結構広いのですが、私たちが訪れた日曜のお昼時(12時すぎ)はほぼ満車状態でした。駐車料金は無料です。

 

土日の昼時は行列覚悟で!


f:id:zizichan1103:20201108163050p:image

お店の前はずらりと行列が〜。およそ20分ほど並んで店内へ入れました。

ちなみに、列の右側には露店があって、持ち帰り用の牡蠣や、たこ焼きならぬかき焼きなど軽食も売ってましたよ。あとぎょろっけとか!


f:id:zizichan1103:20201108163248j:image

入店しますと、コロナ対策で検温します。近づくと自動で測ってくれるやつですね。

 

先会計してからテーブルへ持ち込むスタイル


f:id:zizichan1103:20201108163112p:image

唐泊恵比須かき小屋は、糸島の岐志漁港や船越の牡蠣小屋と違い、先にお会計するシステムでした。生簀に入ったお魚や牡蠣を眺めながら魚介を選ぶ〜♪楽しいです。

 

メニュー

 

f:id:zizichan1103:20201108163354j:plain

お品書きはこんな感じ。

f:id:zizichan1103:20201108163123j:image

えび、あゆ、いわし明太、干物コーナーです。エビは1尾150円


f:id:zizichan1103:20201108163340j:image

お持ち帰り用の剥き牡蠣。今夜の鍋にいれたいな〜と思いながら、値段が不明で踏ん切りがつかず。。


f:id:zizichan1103:20201108163118j:image

お野菜セット、カニのグラタン、フランクフルト、とうもろこし。

 

f:id:zizichan1103:20201108163217j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163330j:plain

お野菜セットは400円、カニの甲羅に入ったグラタンは500円。フランクフルト200円。

f:id:zizichan1103:20201108163255j:image

レモンやバターも売ってます。レモンは3切れで100円、バターは3個で100円。

 

f:id:zizichan1103:20201108163240j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163137j:plain

ご飯ものは、牡蠣飯300円とおにぎり100円。


f:id:zizichan1103:20201108163201j:image

貝類は種類豊富でした〜。

ひおうぎ貝200円、ハマグリ5個で500円、アワビ1000円、サザエ500円

f:id:zizichan1103:20201108163351j:image

大判ホタテは500円。


f:id:zizichan1103:20201108163058j:image
で、こちらがメインの牡蠣!!

1盛 1,000円
半盛 500円

1盛は約1キロで12〜13個の牡蠣が入ってます!

 

お会計が終わったらテーブルへ

 

f:id:zizichan1103:20201108163157p:plain
店内は広々していて、みんな楽しそうに牡蠣を焼いております〜。

岐志漁港や船越の牡蠣小屋ではお馴染みの、ジャンパーの貸し出しはありませんのでご注意ください。頭も洋服も炭まみれ&臭いがくっつきますので、汚れても良い服で挑みましょう。


f:id:zizichan1103:20201108163237j:image

テーブル席はこんなかんじ。糸島牡蠣小屋あるあるですが、炭代として1テーブルにつき300円かかります。

 

備品と備え付け調味料


f:id:zizichan1103:20201108163213j:image

備え付けの調理道具と調味料です。焼き方のハウツーも書いてあるので、初心者の方でも安心です。


f:id:zizichan1103:20201108163149j:image

トング、割り箸、濡れタオルの他に、紙皿、軍手も無料提供です。


f:id:zizichan1103:20201108163224j:image

調味料は、醤油、ポン酢、塩の基本ラインナップに加え、まさかの粉チーズ!おしゃれかよ!!笑

これは糸島の牡蠣小屋では初めて見ましたね〜。


f:id:zizichan1103:20201108163126j:image

マヨネーズとケチャップは無料のようです。

 

f:id:zizichan1103:20201108163314j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163337j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163131j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163115j:plain

私たちがゲットしたものはこちら!

牡蠣1盛、カニグラタン、えび2尾、フランクフルト、大判ホタテ2枚、ハマグリ、牡蠣飯、バター、炭代合わせて4000円でした。


自分で焼くのが楽しい。ただし跳ねには気をつけて!


f:id:zizichan1103:20201108163243j:image

さぁて、炭火でどんどん焼いて行きましょう〜!

たまに炭火の火力が弱くて、いつまでたってもグツグツならない牡蠣小屋もあるのですが、唐泊恵比須の火力は文句なしでした。座ってるだけで顔面暑いくらいで、焼いてる最中なんて汗だらだらでしたよ。。


f:id:zizichan1103:20201108163140j:image

おっとホタテがいい感じ。バターと醤油を投入しましてさらにグツグツさせましょう。


f:id:zizichan1103:20201108163228j:image

牡蠣も醤油バターが大定番!牡蠣とホタテに集中しすぎて、フランクフルト真っ黒焦げにしたのはここだけの話、笑。


f:id:zizichan1103:20201108163210j:image

はいっ!焼きあがりました。これが糸島の牡蠣です。ブリンブリン感伝わりますでしょうか?


f:id:zizichan1103:20201108163108j:image

ホタテもご覧の通り。1枚500円なので、ゆっくり味わいましたよ〜。

f:id:zizichan1103:20201108163303j:plain
f:id:zizichan1103:20201108163323j:plain

エビもいい感じに焼けました。

 

f:id:zizichan1103:20201108163318j:plain

カニのグラタンは美味しかったけど、500円は高すぎかな。。


f:id:zizichan1103:20201108163307j:image

最後に粉チーズをかけてみることに。手が滑って、かけすぎた件。。

一気に洋風へと早変わり〜。とっても美味しゅうございました^^

 

食べ終わったら海を眺めて小休憩


f:id:zizichan1103:20201108163347j:image

唐泊恵比須かき小屋は海が目の前!海岸沿いはご覧のようにきちんと整備されているのでのんびりできますよ。


f:id:zizichan1103:20201108163333j:image

ちなみにお隣は活魚茶屋ざうおさん。ビーチにはアスレチックやインスタ映えのブランコなどが設置されており、ファミリーやカップルで賑わってました。


f:id:zizichan1103:20201108163220j:image

奥に見えるのは、福岡市営海釣り公園です。釣りができるらしです〜。

 

唐泊恵比須かき小屋Q&A


では最後によくありそうな質問について答えます〜!

 

Q:予約できますか?

 

A:予約はできません。

 

Q:支払い方法は?

 

A:現金のみです。カードや電子マネーは使えません。

 

Q:GoToトラベル地域共通クーポンは使えますか?

 

A:紙クーポンのみ使えます

 

Q:持ち込みはできますか?

 

A:食料品の持ち込みはできません。岐志漁港や船越の牡蠣小屋では調味料や飲み物の持ち込みができるお店もありますが、唐泊恵比須かき小屋は不可です。

 


f:id:zizichan1103:20201108174005j:image

f:id:zizichan1103:20201108174001j:image

店内には自販機やノンアルコールビールやワインなどお酒類も販売しているのでそちらを利用しましょう。

また、調味料はレモンとバターが売っています。

 

Q:トイレはありますか?

 

A:あります。

 

Q:タバコは吸えますか?

 

A:店内は禁煙です。お店の外に喫煙スペースがあります。

 

Q:Wi-Fiはありますか?

 

A:残念ながらなさそうでした。。

 

Q:糸島でおすすめのスポットは?

 

A:牡蠣を食べたあと、デザートにぜひ食べていただきたいのが「またいちの塩プリン」です!なんと、塩の工場が作ってる絶品プリンはお口直しにぴったりですよ♪

唐泊恵比須かき小屋から車で30分ほどで行けます。

詳しくはこちらから👇

zizitabi.com

 

 Q:糸島の牡蠣小屋、他におすすめは?

 

A:糸島の牡蠣小屋どこ行こう!と迷っている方は、こちらもぜひご参考ください^^

zizitabi.com

 

Q:糸島のおすすめガイド本は?

 

A:福岡県民的に、こちらがおすすめです〜♪ 

糸島の最新ショップや最旬のインスタ映えスポットも多数掲載されてます。

 


それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com