Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

女ひとり旅の珍道中や旅関連のお役立ち情報を発信中

サマルカンドからタシケント列車移動!アフラシャブ号食堂車、荷物置き場、WiFiまとめ

  当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

ウズベキスタン鉄道の「アフラシャブ号」でサマルカンドからタシケントまで移動しました!

日本の新幹線みたいなアフラシャブ号は、乗り心地がよく快適でした。

座席、WiFiやコンセントの有無、車内販売、荷物置き場、注意点など気になるポイントをまとめました。

ぜひご参考ください^^

 

※当記事の情報は2024年3月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

\ウズベキスタン最新書籍!/

 

 

サマルカンド駅へのアクセス方法

 

サマルカンドの鉄道駅は、中心部(レギスタン広場)から約7km離れているので私はタクシーで行きました。

レギスタン広場近くの宿Qozi Hotel(ゲストハウス)から駅までの料金は、19,500スム(240円)で所要時間は20分。

ウズベキスタンではヤンデックスゴーという配車アプリがとっても便利で、サマルカンド、タシケント、ブハラで使えます。

詳細はこちら👇

zizitabi.com

 

駅前にいる白タクはヤンデックスタクシーの10倍の値段を言ってくるので注意!

 

サマルカンド駅構内の売店、コンビニ

 

サマルカンド駅

 

サマルカンド駅構内には売店やカフェが何軒かありました。

ただし買えるのは、パン、ピザ、スナック菓子、飲み物など軽食ばかりです。

しっかりした食事ができる飲食店はなかったのでご注意ください。

 

また、サマルカンド駅地下には荷物預かりもありました。

ウズベキスタンで荷物預かりみたのはここが初めて。ちなみにコインロッカーは首都タシケントでも見かけませんでした。

駅構内のサービス詳細はこちら👇

zizitabi.com

 

【ウズベキスタン鉄道】サマルカンドからタシケント乗車方法

 

駅に入る前に荷物チェックがあります。

プラットホームに入る前に、パスポートとチケットチェックあり。

 

さらに乗車前に再度チケットチェックがあります。

ウズベキスタン鉄道のアプリで予約した場合は、QRコードを見せるだけでOK。

紙のチケットを用意する必要はありません。

が、もしものためにチケットは印刷して持っておくことをおすすめします。

(QRコード読み込めないとか、スマホの電池切れた時とか)

 

【ウズベキスタン鉄道アフラシャブ号】列車の設備

 

それでは、サマルカンド→タシケント行き「アフラシャブ号」の列車の様子をご紹介します。

 

座席

 

2✖️2シートで、まさに新幹線みたいでした。

 

座席にはパソコン作業も楽々できる大きめのテーブルあり。

シートはふかふかで座り心地よかったです。

 

荷物置き場

 

各車両の出入り口付近に荷物置き場があります。早いもの勝ちとなります。

座席の上にも収納スペースあるのでご安心ください。

 

WiFi、コンセント

 

座席にコンセントがありました。ちゃんと充電できましたよ!

 

アフラシャブ号の車内はWiFiありました。

しかしながら、SMS認証が必要でウズベキスタンの電話番号がないと接続できません

 

私はHolaflyのeSIMを使ってましたが、ネット使い放題なのでデータ量気にせずネットしまくりでした。

もちろん、アフラシャブ号車内でも繋がりましたよ^^

zizitabi.com

 

eSIMについてはこの記事の最下部に詳しく掲載しています!

 

車内販売

 

結構頻繁に車内販売のカートが行き来してました。

売ってるものはスナック菓子、飲み物、コーヒー、チャイくらいですが。

 

しばらくすると、乗客全員に紙袋とお茶が配られました。

中に入ってたのはクロワッサン。美味しかったです^^

 

何よりもこの紙袋のデザインよ!

アフラシャブ号とウズベキスタン鉄道のマークも入ってるし、捨てるなんて勿体無い。大事に持ち帰りました。

 

紙コップも可愛かった〜

 

トイレ

 

各車両にトイレがあります。

ウズベキスタン鉄道はシャルク号、夜行列車と何回か乗りましたが、アフラシャブ号がダントツで綺麗でした。

さすが、ウズベク国鉄が威信をかけて作った高速列車なだけあります。

zizitabi.com

zizitabi.com

 

 

他の列車と違って、アフラシャブ号はエアコン完備で空調もバッチリ!

 

食堂車

 

アフラシャブ号には食堂車もあります。

メニューまでは確認できず。。

大した食事は提供してなさそうな雰囲気でした。そもそもテーブル席すらないし。

 

約2時間半でタシケント駅に到着。

 

アフラシャブ号の注意点

 

人気路線につき事前予約必至

 

距離的には東京〜名古屋間くらいなのに、料金はたったの2500円ほどと格安!

ただし、ウズベキスタン鉄道はどの路線も本数がかなり少なく、特にアフラシャブ号は人気で早い段階で満席になりがちなので要注意!

私はハイシーズン前の3月下旬に行きましたが、アフラシャブ号は1ヶ月以上前でオンライン予約が完売となっていました。

(ちなみに予約は乗車日の45日前からです)

ハイシーズンは窓口でチケット購入できる可能性は限りなく低いので、予めオンライン予約しておくことを強くお勧めします。

予約方法はこちら👇

zizitabi.com

 

突然キャンセルになることもある

 

Xのフォロワーさんの体験談ですが、アフラシャブ号が乗車当日、突然キャンセル(運行中止)となったそうです。。

結局、その後のシャルク号の乗務員さんと交渉して、なんとか乗せていただたそうです。。

ウズベキスタンではこんなことも起こり得る。そうなった時の代案を考えておいた方がよさそうです。。

 

【ウズベキスタン鉄道】サマルカンドからタシケントへ列車移動!まとめ

 

  • サマルカンド駅内の売店は軽食と飲み物のみ
  • 車内販売しょぼい
  • 軽食とお茶配られる
  • 車内WiFiありだがウズベキスタンの電話番号必要
  • コンセントあり、トイレあり
  • 各車両にスーツケース・荷物置き場あり
  • チケットは印刷して持参すべし

 

快適な鉄道旅を!

 

【必見】ウズベキスタン旅行準備の完全マニュアル!お金、通信、宿泊、買い物、物価、治安、滞在証明書、服装など。読めば不安が解消👇

zizitabi.com

 

ウズベキスタン旅行の持ち物リスト。あると便利なグッズも👇

zizitabi.com

 

【ウズベキスタン旅行】お役立ち情報

 

治安について

 

ウズベキスタンは比較的治安が良い国です。

日本で過ごすのと同じレベルで治安面では問題ないように感じました。

ですが、バザールや駅など人が集まるところではスリに警戒した方が良いです。

 

スリ対策におすすめなのが、服の下に隠せる薄型ウエストポーチ、通称セキュリティーポーチ

パスポート、余分な現金、予備のカードをこの中に入れて常に腹に巻く!

このおかげで今まで被害にあったことは一度もありません。

 

お金について

 

ウズベキスタンでは、タシケントのホテルや一部レストランなどではカードが使えますが、その他の都市では現金が主流です(2024年3月時点)

タシケント空港やホテルで日本円→スムに両替できます。

その他の場所では、基本的にドル→スムへの両替しかできませんのでご注意ください。

 

カードは圧倒的にVISAが使えます。

海外旅行保険が利用付帯のエポスカード楽天カードとを利用しましたが、どちらも問題なく使用できました。

現金が主流とはいえ、カードはキャッシングもできるので2〜3枚持って行くことをおすすめします。

 

\年会費永年無料!/

 エポスカード詳細はこちら 

 

通信について

 

ウズベキスタンは駅や飲食店などあまりWiFiが整ってない印象でした。

あってもウズベキスタンの電話番号がないと使えないことが多いです。

しっかりネット環境を整えてから出国した方が◎だと思いました。

 

ネット通信はHolaflyのeSIMがおすすめです。

理由は

  • SIMカード不要でなくす心配なし
  • 日本で事前設定→現地でネットが即開通
  • レンタルWiFiみたいに返却・充電の手間なし

とメリットしかないから!

 

タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァで快適にネットできました!

 

HolaflyのeSIMは、

  • データ量無制限!
  • 24時間日本語サポートあり!

旅行中、データ量気にせずネットできるのは快適そのもの^^

料金は5日間2,400円〜とお手頃です。

 

設定は初めてでも10分程度でできました!

 

\ウズベキスタンでデータ使い放題!/

 HolaflyのeSIM公式サイト 

 

参考になれば幸いです。

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人のプロフィール◎

zizitabi.com