Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

ハムスターに腫瘍ができる原因と対処方法。元気でも手術した方がいいの?

f:id:zizichan1103:20210520133358j:image

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

ジャンガリアンハムスターのとーふさん(1歳3ヶ月)のお腹が腫れていることに気がつきました。

下腹部の左側。明らかに腫れています。

 

まさか腫瘍...?!?!

 

一瞬で顔面蒼白になりました。

ちょうどその日は仕事が休みだったので、近くの動物病院に電話して診てもらうことに。

 

今回は、ハムスターに腫瘍ができた場合の対処方法などをまとめます。

 

 

ハムスターに腫瘍ができる原因

 

f:id:zizichan1103:20210520133427j:plain

とーふさん(ご本人)腫瘍ができたなんて信じられない...

 

ここから先は、実際に動物病院の先生から伺ったお話になります。

ハムスターは1歳をすぎた頃から腫瘍ができやすいそうです。

だいたい2匹に1匹、つまり半分のハムスターが大なり小なりの腫瘍ができてしまうとのこと。

腫瘍ができる原因ですが、

  • 外的要因
  • 内的要因

があり、外的要因とは、怪我などで傷口から細菌が入り化膿して腫瘍ができてしまうパターン。

内的要因は、健康状態や精神状態など様々あり一概には言えませんが、老化によってどんなハムスターにもできる可能性はあります。

 

我が家のとーふさんを診ていただいたところ、外傷はなかったので細菌による腫瘍ではなさそうとのことでした。

 

悪性、良性は触診ではわからない

 

また、とーふさんの腫瘍は体の内側にできたものではなく、外側にできたものでした。

腫れているといっても、ぷよぷよと柔らかいものではありません。

しこりのように硬くなっていました。

大きさは2.5センチほどで、先生によると「中程度」のサイズだそうです。

 

内部にできた腫瘍と外部にできた腫瘍は、どちらがより危険とかありますか?

と質問したところ、

どちらが悪いということはなく、悪性かどうかによります。

との回答でした。

そして、悪性かどうかは残念ながら触診ではわかりません。

 

ハムスターの腫瘍は手術で取るべき?自然治癒で治る?

 

ハムスターにできてしまった腫瘍。

良性なのか悪性なのか気になりますよね。

確かめるには2つの方法があります。

  • 精密検査をする
  • 手術して取る

 

ところが、検査をしても100%その腫瘍が悪性なのかどうかはわからないとのこと。

結局、手術して取り出して初めてわかるんだそうです。

手術するといっても体の小さなハムスターにとっては大仕事。

それに腫瘍ができたハムスターは高齢になっていることが多いため、体に負荷をかけさせたくありません。

自然治癒で治る可能性は低いものの、腫瘍とうまく付き合いながら寿命まで生きるハムスターも多いのです。

 

腫瘍はあるが元気で健康体。経過観察という結論に

 

先生にいくつか質問を受けました。

  • 普段食べているエサ
  • うんちの量と形状
  • 毛づくろいをしているかetc

 

食欲については、特段食べ残すこともなく変化なし。

ウンチもコロコロで下痢もしていない。

毛づくろいもよくしている。

 

その場で、毛並みや目の状態、口の中などくまなくチェックしていただきましたが、特に問題もなく健康とのこと。

 

診察中はいつものケージから出して、小さな虫かごの中に入れられたとーふさん。

私と先生の前で「出してくれ〜!」と言わんばかりにジタバタしておりとっても元気。その時ウンチも出しちゃったとーふさんでしたが、コロコロウンチで問題なし。

 

先生と話し合った結果、

お薬を飲ませながら経過観察しましょう。

ということになりました。1ヶ月後に来てください、と言われて診察終了です。

 

処方された飲み薬

 

f:id:zizichan1103:20210520160532p:image

こちらが今回処方された飲み薬です。

1日2回、朝と夜に3〜4敵飲ませてくださいとのこと。


f:id:zizichan1103:20210520133424j:image

目薬の容器に入っていて、茶色の液体。

免疫活性剤」だそうです。

ハムスターが飲みやすいように、少し甘いんだそうです。

免疫を高めることで腫瘍を大きくするのを抑える目的があります。

しっかり飲ませて、これ以上腫瘍が大きくならないことを祈るばかり。

とーふさん、長生きしてね...涙

 

ハムスターの腫瘍を取る手術費用


f:id:zizichan1103:20210520133432j:image

今回、初めて伺った病院でした。

診察とお薬代で3,190円。

 

ハムスターの腫瘍を取る手術をした場合にかかる費用は、約15,000円〜25,000円前後

麻酔をして腫瘍を切除する手術になることが多いようです。

 

ハムスターを病院に連れて行く際に気をつけたいこと

 

ハムスターを病院に連れて行く際は、可能であれば普段使用しているケージごと持っていくようにしてください。

 

ケージが大きい・重いなど、どうしても持って行けない場合はハムスター用のキャリーケースを検討してください。

1,000円〜2,000円ほどで見つかります。

 

 

 

<まとめ>ハムスターに腫瘍ができたら放置せずに病院へ!

f:id:zizichan1103:20210521192330j:plain

ハムスターに腫れ物や腫瘍ができていることに気づき、動物病院で診察した過程をまとめました。

とーふさんは朝と夜、嫌がらずに薬を飲んでくれています。食欲もあり、今のところ元気です^^

 

ハムスターは弱みを見せない動物だと言われています。

本当は苦しかったり痛かったりしても、本能で隠すんだそうです(自然界では捕食される立場のため)

普段から健康チェックや行動を観察することが大事だと改めて感じました。

 

この記事を読んでくださっている飼い主のみなさん。

ハムスターに腫れ物や腫瘍のようなものができた場合は、たとえ元気そうに見えても絶対に放置せず、速やかに動物病院へ連れていってくださいね。

 

参考になれば幸いです。

 

\ハムスター飼育にオススメの本/

ハムスターの食事・栄養・病気のことがわかりやすく書かれています。

 

 

ハムスターに関する情報はこちらも👇 

 

zizitabi.com

zizitabi.com
zizitabi.com

zizitabi.com

zizitabi.com

zizitabi.com

 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com