Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

女ひとり旅の珍道中や旅関連のお役立ち情報を発信中

【2024年】サマルカンド観光モデルコース!必要日数や費用も紹介

  当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

サマルカンドの見どころ押さえて効率よく観光したい!

という方のために、

  • サマルカンド外せない観光スポット
  • サマルカンドおすすめレストラン
  • バザールでお買い物
  • アンティークショップでお宝探し

などをぜ〜んぶ網羅した、2024年最新版モデルコースをご紹介します。

実際に回ったルートなのでぜひご参考ください。

 

※当記事の情報は2024年3月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

 

\おすすめガイドブック/

2024年2月発行の「ウズベキスタンガイド2024」は、現時点で最新情報が手に入る電子書籍。ガチで役立った!

実際の旅程順にまとめられているので、モデルコースとしても参考になる。この情報量で390円は破格。

 

サマルカンド観光モデルコース!

 

[9時]レギスタン広場

 

レギスタン広場

まずは外せない「レギスタン広場」。4月〜10月は8時オープンで、それ以外は9時オープン。いつ行っても混雑するので、朝イチがおすすめ!

入場料はカード支払いも可能で、料金は800円ほど。

 

ウルグベク・メドレセ内にあるお土産屋さんは郵便局も兼ねています。ポストカードを購入するとその場で切手を貼ってくれて投函!

料金は360円ほどでした。旅の思い出になりますよ〜^^

 

[9時半]レギスタン・タイル工房

 

レギスタンタイル工房

同じくウルグベク・メドレセ内にある、日本語の看板も出ているタイル工房。美しいタイルの他に、ウズベキスタン各地の陶器やお皿が充実しています。

2階は工房になっていて希望すれば見学も可能。職人さんの手仕事を間近で見ると、その細やかな技術に感動するはず。

 

旅の記念にお気に入りの1枚を選んでみてはいかがでしょうか。私は鳥モチーフのタイルを購入しました。家に飾って、旅の余韻を楽しんでいます♪

zizitabi.com

 

[10時]ティラカリ・メドレセ

 

レギスタン広場内のティラカリ・メドレセ

入った瞬間、息を呑んだティラカリ・メドレセ

 

ティラカリとは"金箔を施された"と言う意味。その名の通り、眩いばかりの緊迫で覆われた空間は圧巻です。

 

お土産コーナーも充実していて、手漉きのペーパークラフトや、オーナメントがとても可愛かったです。

徒歩15分

[11時半]イカット・ブティックレストランでランチ

 

イカット・ブティックレストラン

日本人オーナー経営の「イカット・ブティックカフェレストラン」でランチ。

ビビハニム・モスクを見ながら食事できるカウンター席がおすすめ!

メニューはウズベキスタン料理の他、クレープやワッフルもありましたよ。

 

ウズベキスタン郷土料理のmastavaを注文。お米、野菜、肉がたっぷり入ったスープで非常に美味しかったです!ミニサラダとジュース、サービス料込みで660円ほどでした。

カードやドルでの支払いもOKです。

 

店内にはウズベキスタン土産コーナーも。品質の良いスザニやウズベク食器が揃っていたので、時間がない方はここで買っちゃうのもありです^^

zizitabi.com

 

徒歩5分

[12時半]アンティーショップで買い物

 

路地裏で偶然見つけたアンティークショップ。

おじさんが不定期に?開いているお店のようですが、品揃えがすごかった...!

 

ウズ国内のものから世界中の雑貨が、カテゴリーごとに綺麗にディスプレイされていて見ているだけで楽しい気分。アンティークのウズベク食器も状態良かったです。

 

ウズベク帽子もたくさん壁にかけると可愛い〜!お宝探しするのにぴったりのお店です。

zizitabi.com

 

徒歩10分

[13時半]ビビハニム・モスク

 

ビビハニム・モスク

わずか5年の歳月で完成したとされるビビハニム・モスク。世界最大と言われるモスクは、当時のティムールの権力がいかにすごかったかを物語っています。

 

外壁の装飾もスケールのデカさも必見。

中庭の中央にあるガラスの中には初代と言われるコーランが置いてあり、願い事を唱えながら三周すると願いが叶うとのこと!?

入場料は40,000スム(480円)でした。

 

徒歩5分

 

[14時半]シヨブバザール

 

シヨブバザール

サマルカンドの台所シヨブバザールへGO!

バザール入り口で「マネーチェンジ」と闇両替を持ちかける人がいたので注意してください。(闇両替は違法)

 

お土産に人気のスパイス詰め合わせや、ウズベキスタンの伝統お菓子ハルヴァもここで買えます。見ていると試食をすすめられることも。

 

チョコやキャンディーの量り売りもあります。何個かもらいましたが、甘くて美味しかったですよ。

 

徒歩20分(タクシーで5分)

[16時]シャーヒ・ズィンダ廟群

 

シャーヒ・ズィンダ廟群

ティムールゆかりの人々が眠るシャーヒ・ズィンダ廟群は、青のタイルが映える必見スポット。

どの時間に行っても観光客が多いので、本当は朝イチがおすすめです。営業時間は7時〜19時。料金は40,000スムでカード可能。

 

夏場は非常に暑く、日陰が限られるので熱中症には注意しましょう。

また、高台にあるので階段を上り下りします。履きなれたスニーカーがおすすめです。

 

タクシーで5分

[17時半]バブル・シャシリクハナでディナー

 

バブル・シャシリクハナ

夕食は「バブル・シャシリクハナ」で、シャシリク(串焼き)はいかがでしょうか。

地元民も使う食堂といったカジュアルな雰囲気で1人でも気軽に入れます。

ラム、牛肉、鶏肉の他に、野菜の串も充実してました。

 

着席するとサラダ類を持ってきてくれます。量もちょうど良い感じ。

キッチンで炭火焼きしてくれたお肉はジューシー!200円前後でお手頃なのも嬉しい。

※月曜日定休です

 

いったんホテルで休憩〜

[20時]レギスタン広場のライトアップ

 

宿で休憩したら20時からのライトアップを見に再びレギスタン広場へ!

(ライトアップ開始時刻は季節によって異なるようなので要確認)

昼間にチケット買っていても、一度外に出ると再入場できないので広場の外から眺めるのみですがそれでも綺麗!

 

広場周辺はたくさんの観光客で賑わっていて、治安も悪くなかったです。

とはいえ、女性1人の場合はレギスタン広場から徒歩ですぐ帰れる宿が安心。広場から徒歩4分のおすすめの宿は後述します。

 

お疲れ様でした!これにてサマルカンド1日観光終了〜

 

サマルカンド観光に必要な日数は?

 

私の個人的な所感としては2日は欲しいかな、と思います。

レギスタン広場だけでも半日はかかりますし、ウズベキスタン旅行のハイライトはサマルカンドだと思うので最低2泊はしたいところ。

サマルカンドでもう少し時間があるなら、郊外の蚤の市に行ってみるのも良いかと。

ヤンデックスタクシーで30分「ダルニーラーゲリバザール」は、アンティークのウズベク食器や雑貨が安く手に入ります。

zizitabi.com

 

サマルカンド観光の移動はタクシーが便利

 

サマルカンドは結構広く、観光スポットは点在しています。

なので、サマルカンドを効率よく観光するにはタクシーが欠かせません

市内はタクシーがたくさん走ってますが、道路沿いで止まるタクシーは白タク。

白タクは外国人相手だとぼったくりの値段を言ってくるので要注意。

そこでおすすめなのが、ヤンデックスGOという配車アプリ。

 

Yandex Go: Taxi Food Delivery
Yandex Go: Taxi Food Delivery
開発元:Mikromobilnost doo
無料
posted withアプリーチ

ヤンデックスタクシーは白タクの10分の1の値段で、カード決済可能。

タシケントやブハラも対応しており、旅行中20回以上乗車しました。旅人にとって不可欠なアプリです。

zizitabi.com

 

サマルカンド観光で必要な費用

 

今回ご紹介したモデルコースで使った費用は7,300円ほど。

このうち買い物代が3,300円含まれているため、4,000円ほどが観光・食事・タクシー代、と言うことになります。

レギスタン広場、ビビハニムモスク、シャーヒ・ズィンダ廟群ではカード決済可能。

イカットブティックレストランもカードOK。

バブルシャシリクハナでは現金で払いました。

シヨブバザールの買い物も現金のみとなります。

このコースであれば、現金は2〜3,000円分くらいの現地通貨(スム)があれば大丈夫。

ちなみにカードは、楽天カードの他にエポスカードを持参しました。どちらもVISA。

ウズベキスタンは圧倒的にVISAが使えます。JCBはほぼ使えません。

 

エポスカードは、年会費無料+ゴールドカード並みの海外旅行保険が利用付帯なのでおすすめです。

自宅から空港までのタクシー代や電車代などをエポスカードで1円以上支払うと保険適用。

 

出典:エポスカード

  • 旅先で受けた病院の治療費など→最高270万まで補償
  • 携行品を壊したり盗難に遭った場合→最高20万まで補償

さらに、カードの盗難や不正利用された場合61日前にさかのぼり損害が全額補償されます。

 

すでにメインのクレカを持っていても、補償額は合算されるため複数枚持ちだとさらに安心

 

\年会費無料で海外旅行保険!/

 エポスカード公式サイト 

 

サマルカンド観光で気をつけたいこと

 

ウズベキスタンは比較的治安が良いとされていますが、他の観光地同様スリに注意が必要です。

空港、駅、バザール、蚤の市など、観光客が多く集まる場所は特に気をつけて。

私はいつも服の下に隠せる薄型ウエストポーチ、通称セキュリティーポーチにパスポートや現金など入れて管理しています。

 

ウズベキスタンは外国人観光客はパスポート携帯義務があるため、安全な方法で携帯するようにしましょう!

 

 

ウズベキスタンのネット通信はeSIMが便利

 

ウズベキスタンは駅や飲食店などあまりWiFiが整ってない印象でした。

あってもウズベキスタンの電話番号がないと使えないことが多いです。

しっかりネット環境を整えてから出国した方が◎だと思いました。

 

ネット通信はHolaflyのeSIMがおすすめです。

理由は

  • SIMカード不要でなくす心配なし
  • 日本で事前設定→現地でネットが即開通
  • レンタルWiFiみたいに返却・充電の手間なし

とメリットしかないから!

 

タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァで問題なく繋がって快適にネットできました

 

HolaflyのeSIMは、

  • データ量無制限!
  • 24時間日本語サポートあり!

旅行中、データ量気にせずネットできるのは快適そのもの^^

料金は5日間2,400円〜とお手頃です。

 

設定は初めてでも10分程度でできました!

 

\ウズベキスタンでデータ使い放題!/

 HolaflyのeSIM公式サイト 

 

詳細はこちら👇

zizitabi.com

 

サマルカンド観光におすすめの宿

 

私は宿代を安く抑えたい派なので、ホテルではなくゲストハウスを選びました。

しかしながらこれが大正解!

 

Qozi Hotel」は、レギスタン広場から徒歩4分とアクセス最高の場所にあるゲストハウス。1泊朝食付きで4,000円ほどでした。

 

寝心地最高の大きなベッドと清潔で水圧も問題なしの水回り。

 

何よりもオーナーご夫妻がとても親切。料金に含まれない夕食をご馳走してくださったり、子どもたちと一緒にレギスタン広場のライトアップ見に行ったり。

ただの宿泊にとどまらず、ウズベク人との交流も楽しめる最高のお宿でした。

 

\空室状況をチェック/

 Qozi Hotelを見る 

 

【2024年】サマルカンド観光モデルコース!まとめ

 

観光・グルメ・ショッピングと盛り込んだモデルコースをご紹介しました!

きっとサマルカンドを120%満喫できると思います^^

 

最後に。

ウズベキスタン旅行準備の基礎情報を全てまとめました。これを読めば不安や疑問は解消するはず。旅立ち前にぜひどうぞ👇

zizitabi.com

 

参考になれば幸いです。

 

CHECK!

海外旅行中、7人に1人は何かしらのトラブルに見舞われているというデータがあります。

加入必須の海外保険ですが、どうせならコスパの良い保険に入りたいですよね。

私はエポスカードクレカ付帯の海外保険を毎回利用しています。

 

エポスカードは

  • 年会費永年無料
  • ゴールドカード並みの手厚い補償

ということで「海外旅行最強カード」とも言われています^^

 

海外保険適応には

  • 渡航先への航空券
  • 空港へ向かう鉄道代金
  • 空港へ向かうタクシー乗車代金

などの支払いをエポスカードで行うだけ。

 

出典:エポスカード

 

補償内容ですが、2023年10月1日以降は、傷害死亡・後遺障害の補償金額が最高500万円だったものが3,000万円に!

今まで以上により安心して海外旅行に行くことができます。

  • 旅先で受けた病院の治療費など→最高270万まで補償
  • 携行品を壊したり盗難に遭った場合→最高20万まで補償

ゴールドカード並みの補償内容でケガや荷物のトラブルを強力ガード。

1枚作っておけば、旅行のたびに保険を選んだり、契約する手間もなくなり一石二鳥!

 

\申し込みは3分で終了!/

 エポスカード公式サイトはこちら 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人のプロフィール◎

zizitabi.com