Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

女ひとり旅の珍道中や旅関連のお役立ち情報を発信中

【2024年】ブハラ観光1日・半日モデルコース!おすすめスポット・グルメ・買い物網羅!

  当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

ウズベキスタンのブハラを1日で効率よく観光したい!という方のために、

  • ブハラ外せない観光スポット
  • ブハラで買うべきお土産とショップ
  • 地元民おすすめのレストラン

などをぜ〜んぶ網羅した、2024年最新版モデルコースをご紹介します。

時間がない場合の「半日コース」で見るべきおすすめスポットも。ぜひご参考ください^^

 

※当記事の情報は2024年3月当時のものです。情報は随時変更の可能性がありますのでご了承ください。

 

 

\おすすめガイドブック/

2024年2月発行の「ウズベキスタンガイド2024」は、現時点で最新情報が手に入る電子書籍。ガチで役立った!

実際の旅程順にまとめられているので、モデルコースとしても参考になる。この情報量で390円は破格。

 

ブハラ観光1日モデルコース!

 

[8時]イスマイール・サーマーニ廟

 

イスマイール・サーマーニ廟

ブハラの主要な観光スポットは徒歩で回れます。まずは中心地から少し離れた「イスマイール・サーマーニ廟」からスタート!

中央アジアに現存する最古のイスラーム建築。派手さはないものの、壁面をレンガだけでさまざまな模様に積み上げている様は必見。

別途料金を支払うと内部の見学可能。毎日8時〜営業です。

 

イスマイール・サーマーニ廟の近くにはレトロな遊園地があり、その対比が面白い。

 

徒歩10分

[9時]セントラルバザール

 

セントラルバザールは、観光客がほぼいない地元民御用達のバザール

ブハラの台所的な役割を担うバザールで、食料品、雑貨、衣類、日用品などなんでも揃い活気があります。

 

お値段も地元民価格で安い!ただし、値札はないため買う時は交渉が必要。

 

観光地化されたバザールとは違うローカルな雰囲気が味わえますよ^^

 

徒歩15

[10時]ボラハウズ・モスク

 

ボラハウズ・モスク

ハン専用のユニークなボラハウズ・モスクは、前面に彫刻されたクルミの柱が特徴的。

 

モスクの前にはハウズと呼ばれる池があって、池に映った柱もお見逃しなく。

入場は無料ですが寄付が望ましいです。

 

徒歩3分

[10時半]アルク城

 

アルク城

4ヘクタールの広さを持ち、城内でひとつの街が形成されていたアルク城

料金を払うと内部の見学も可能。ですが、内部の博物館は工事中で閉まっているとのことで、外から眺めるだけでいいかも。

 

アルク城の裏手にはブハラタワーがあり、登るとブハラの街が一望できます。

 

徒歩10分

[11時]カラーンミナレット、カラーンモスク

 

カラーンミナレット

ブハラで外せないカラーンミナレットカラーンモスク

ミナレットの内部は105段の螺旋階段があり、かつては登れてたようですが2024年現在上ることはできません。美しい塔ですが、死刑執行として罪人を塔の上から投げ落としていた過去も。数々の伝説が残るミナレット。思いを馳せながらゆっくり眺めましょう。

 

カラーンモスク

青のタイルが美しいカラーンモスクは、どの時間も観光客でいっぱいです。

 

 

[12時]ランチ

 

カラーンミナレット周辺にはレストランも色々あるので、ここでランチにしましょう。

ウズベキスタン料理のマンティとサモサを食べましたが、どちらも日本人の口に合う味付けでとても美味しかったです。料金も300円しないくらいで激安!

カラーンミナレットすぐ

[13時]Art Suzaniで買い物

 

Art Suzani National house

日本語も少し話せるマダムが経営する「Art Suzani National house」は、スザニやスザニの小物がたくさん揃うお土産探しにぴったりの店。

所感ですが、スザニ販売店はタシケントやサマルカンドにはあまり見かけませんでした。ブハラで買うのがおすすめです!

 

トートバッグやポーチなども充実。お値段はトートバッグで20ドルほど(多少交渉も可能)。カードも使用できます。

 

スザニのガウンを着て観光するのもいいですね!

 

徒歩5分

[14時]タキバザールで買い物

 

ブハラのお土産といえばコウノトリのハサミ。これはブハラでしか買えません。

市内にはいくつか専門店がありますが、おすすめはタキザルガロン内にあるブラックスミスワークショップ

 

お店の方がとても親切で、希望すればその場で名入れしてくれます(無料)

ハサミは1つ10ドル〜で複数買うと割引もありますよ。ドル払いも可能でした。

 

zizitabi.com

 

徒歩10分

[15時]カフェで休憩

 

Dounuts and coffee

歩き疲れたら、ラビハウズ近くの「Dounuts and coffee」へ。

店内のインテリアが可愛く1人でも入りやすい雰囲気でした。

 

柔らかくてふわふわのドーナツはおやつにぴったり。カフェラテも美味しかったです。

 

徒歩12分

[16時半]チョル・ミナル

 

チョル・ミナル

住宅街に突如現れるチョル・ミナル。4つのずんぐりしたミナレットが珍しく可愛い佇まい。てっぺんに大きなコウノトリの巣(レプリカ)が乗ってますよ。

 

チョル・ミナル前にあるアンティークショップにも立ち寄りましょう。

 

カラフルなウズベク食器や、旧ソ連時代のピンバッジなど見るだけでも楽しいです。

 

徒歩20分

[18時]Chinarでディナー

 

街歩き中に知り合ったブハラ在住女性に連れて行ってもらったのが「Chinar」

地元民が好むレストランのようで、確かに観光客はあまりいなかったです。

 

お料理はボリューミーなのに値段が安い!

チキンのシャシリクも想像の2倍の大きさでした。複数人で行ってシェアするのがいいかもしれません。カード使えました。

 

徒歩15分

[20時] カラーンミナレットのライトアップ

 

カラーンミナレット周辺は夜になるとライトアップされていて昼間とは違った雰囲気。夜も観光客がたくさんいるので怖い雰囲気もなし。

 

お疲れ様でした!これにてブハラ1日観光終了〜

 

ブハラ観光半日しかない!見るべきスポットは?

 

観光できる時間が半日しかない!

という場合、タキ&カラーンモスク周辺とラビハウズ周辺に絞って回るといいと思います。具体的に見るべき観光スポットは以下。

  • ボラハウズ・モスク(見るだけ)
  • アルク城(見るだけ)
  • カラーン・モスク
  • カラーン・ミナレット
  • ミル・アラブ・メドレセ
  • タキザルガロンで買い物
  • ラビハウズ周辺で食事

以上のコースであれば、食事含めて6時間くらいで回れると思います。

お土産探しに時間とられると勿体無いので、あらかじめ欲しいものとお店をリストアップしておくといいでしょう。

すでに書いてきた通り、スザニアイテムはブハラが一番品揃え豊富です。

コウノトリのハサミもブハラでしか買えません。

 

ブハラ観光で必要な費用

 

今回ご紹介したモデルコースで使った費用は7,600円ほど。

このうち買い物代が4,800円含まれているため、2,800円ほどが観光・食事代になります。

ブハラでは、観光客が多く訪れるタキザルガロンのショップやレストランではカードが使える印象でした。露店などは基本現金支払いになります。

 

私は楽天カードエポスカードを持参しました。どちらもVISAで問題なく利用できました。

ウズベキスタンは圧倒的にVISAが使えます。JCBはほぼ使えません。

 

エポスカードは、年会費無料+ゴールドカード並みの海外旅行保険が利用付帯なのでおすすめです。

自宅から空港までのタクシー代や電車代などをエポスカードで1円以上支払うと保険適用。

 

出典:エポスカード

  • 旅先で受けた病院の治療費など→最高270万まで補償
  • 携行品を壊したり盗難に遭った場合→最高20万まで補償

さらに、カードの盗難や不正利用された場合61日前にさかのぼり損害が全額補償されます。

 

すでにメインのクレカを持っていても、補償額は合算されるため複数枚持ちだとさらに安心

 

\年会費無料で海外旅行保険!/

 エポスカード公式サイト 

 

ブハラ観光におすすめの宿

 

ブハラで実際に泊まって良かった宿を紹介します。

 

ブハラのゲストハウス

ブハラのゲストハウスは、太陽みたいな奥様とミュージシャンのご主人が経営。お二人ともいつもニコニコしていて夕食後に演奏してくれたり思い出に残る宿でした。

カラーンミナレットから徒歩1分で立地最高。1泊2,300円。

zizitabi.com

 

女性に人気のAmulet hotel

ブハラでは神学校を改装したブティックタイプのホテルにも宿泊。

インテリアや中庭の雰囲気が女子ウケ間違いなし。場所は、ラビハウズまで徒歩5分くらい。

zizitabi.com

 

ブハラ観光で気をつけたいこと

 

ウズベキスタンは比較的治安が良いとされていますが、他の観光地同様スリに注意が必要です。

空港、駅、バザール、蚤の市など、観光客が多く集まる場所は特に気をつけて。

私はいつも服の下に隠せる薄型ウエストポーチ、通称セキュリティーポーチにパスポートや現金など入れて管理しています。

 

ウズベキスタンは外国人観光客はパスポート携帯義務があるため、安全な方法で携帯するようにしましょう!

 

 

ウズベキスタンのネット通信はeSIMが便利

 

ウズベキスタンは駅や飲食店などあまりWiFiが整ってない印象でした。

あってもウズベキスタンの電話番号がないと使えないことが多いです。

しっかりネット環境を整えてから出国した方が◎だと思いました。

 

ネット通信はHolaflyのeSIMがおすすめです。

理由は

  • SIMカード不要でなくす心配なし
  • 日本で事前設定→現地でネットが即開通
  • レンタルWiFiみたいに返却・充電の手間なし

とメリットしかないから!

 

タシケント、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァで問題なく繋がって快適にネットできました

 

HolaflyのeSIMは、

  • データ量無制限!
  • 24時間日本語サポートあり!

旅行中、データ量気にせずネットできるのは快適そのもの^^

料金は5日間2,400円〜とお手頃です。

 

設定は初めてでも10分程度でできました!

 

\ウズベキスタンでデータ使い放題!/

 HolaflyのeSIM公式サイト 

 

詳細はこちら👇

zizitabi.com

 

【2024年】ブハラ観光モデルコース!まとめ

 

観光・グルメ・ショッピングと盛り込んだモデルコースをご紹介しました!

きっとブハラを120%満喫できると思います^^

 

最後に。

ウズベキスタン旅行準備の基礎情報を全てまとめました。これを読めば不安や疑問は解消するはず。旅立ち前にぜひどうぞ👇

zizitabi.com

 

参考になれば幸いです。

 

CHECK!

海外旅行中、7人に1人は何かしらのトラブルに見舞われているというデータがあります。

加入必須の海外保険ですが、どうせならコスパの良い保険に入りたいですよね。

私はエポスカードクレカ付帯の海外保険を毎回利用しています。

 

エポスカードは

  • 年会費永年無料
  • ゴールドカード並みの手厚い補償

ということで「海外旅行最強カード」とも言われています^^

 

海外保険適応には

  • 渡航先への航空券
  • 空港へ向かう鉄道代金
  • 空港へ向かうタクシー乗車代金

などの支払いをエポスカードで行うだけ。

 

出典:エポスカード

 

補償内容ですが、2023年10月1日以降は、傷害死亡・後遺障害の補償金額が最高500万円だったものが3,000万円に!

今まで以上により安心して海外旅行に行くことができます。

  • 旅先で受けた病院の治療費など→最高270万まで補償
  • 携行品を壊したり盗難に遭った場合→最高20万まで補償

ゴールドカード並みの補償内容でケガや荷物のトラブルを強力ガード。

1枚作っておけば、旅行のたびに保険を選んだり、契約する手間もなくなり一石二鳥!

 

\申し込みは3分で終了!/

 エポスカード公式サイトはこちら 

 

それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人のプロフィール◎

zizitabi.com