Web Analytics Made Easy - StatCounter

旅好きアラサー女子の世界一周ブログ

働きながら休みを見つけては旅立っている三十路半ば女の旅行記と日常のあれやこれや。

与論島シュノーケリングにおすすめのビーチ3選!

f:id:zizichan1103:20201019093058j:image

こんにちは。

旅好きアラサー女子の世界一周ブログを運営しているziziです。

 

与論島といえばヨロンブルーのエメラルドグリーンの海!

透き通った海には、亜熱帯の美しい魚がたくさん泳いでいます。

せっかく与論に行くのならば、シュノーケリングしないと勿体無いです。

今回は、与論島でシュノーケリングするのにおすすめのビーチをご紹介します^^

 

 

 

与論島の海はいつまで泳げる?

 

与論島の海に入れるのは、4月下旬〜10月頃までとなっています。一年の半分は海に入れるんですね!シュノーケリングをはじめ、マリンアクティビティーが楽しめるのもこの時期です。

 

梅雨はいつからいつまで?

 

梅雨の時期は、5月中旬〜6月下旬ころ。与論島は温暖気候の割に、それほど年間雨量は多くありません。しかしながら、雨が降ると当然海も濁ってしまうので、梅雨時期は避けた方がいいかもしれません。

 

台風のシーズンは?

 

台風のシーズンは、7〜9月と言われていますが、2017年には10月に2回も接近しました。私も2018年8月に台風の影響で行けなくなった経験があります。台風ばかりはいつ発生するのか予想が難しいですね。。

 

 

与論島のシュノーケリングにおすすめビーチ

 

それでは、与論島でシュノーェリングが楽しめるビーチを3つご紹介します。

3つとも実際に訪れて海水浴を楽しみました!

与論島は小さな島なので、一度に何箇所もビーチをはしごすることも可能です。

ぜひお気に入りのビーチでヨロンブルーを満喫しましょう。

 

与論島をレンタカーで回るなら、

最安値のヨロンオーシャンレンタカーがおすすめです。

zizitabi.com

 

茶花から徒歩で行ける!ウドノスビーチ

 

f:id:zizichan1103:20201019085951j:plain

ウドノスビーチは、与論島の中心エリア「茶花」から徒歩で行けるアクセス抜群のビーチです。茶花に宿泊する方はぜひ行ってみてください。

波が穏やかで泳ぎやすかったのでおすすめです。シュノーケリングを楽しんでいる人もいましたよ。

ただし、トイレはありますが、更衣室、シャワー、ロッカーはありません。

 

ウドノスビーチへの詳しい行き方や実際のビーチの様子はこちらにまとめています!

zizitabi.com

 

ウドノスビーチへのアクセス

 

 

映画めがねのロケ地になった寺崎海岸

 

f:id:zizichan1103:20201019090602j:plain

与論島の北に位置する寺崎海岸は、映画「めがね」のロケ地でも有名。海岸線には岩肌が出ている箇所もありますが、白い砂浜が続くビーチはとっても綺麗です。海の透明度も抜群でした!

こちらも波は比較的穏やか。 小さなお子様がいるご家族も海水浴を楽しんでいましたよ^^

 

寺崎海岸の様子はこちらから!

zizitabi.com

 

寺崎海岸へのアクセス

 

  

百合ヶ浜陸ツアーが充実!大金久(ウプガニク)海岸

 

f:id:zizichan1103:20201019091321j:plain

与論島に来たら絶対外せない百合ヶ浜

百合ヶ浜ツアーの発着場となっている大金久(ウプガニク)海岸もシュノーケリングスポットです。百合ヶ浜上陸ツアーとシュノーケリングがセットになったプランもあるので、ぜひ事前予約して参加してみましょう。

 

百合ヶ浜上陸&シュノーケリング体験の詳細はこちらから!

zizitabi.com

 

 

大金久(ウプガニク)海岸へのアクセス

 

 

与論島でシュノーケリングを楽しむ方法は?

 

シュノーケリングをする方法は2通りあります。

 

・シュノーケリングの道具を自分で用意する

・アクティビティーを予約する

 

 

自分で用意する

 

シュノーケリングの道具は、そこまで高いものではありません。来島前に自分で用意して持ち込むのも手です。与論島で調達しようと思っても、なかなか売っているところがありません(プリシアリゾートホテルの売店にはありました)

探す時間が勿体無いので、事前準備していくことをおすすめします!

 

 

水中をスマホ撮影するなら、防水ケースも必須です。

 

 

アクティビティーを予約する

 

与論島でのマリンアクティビティー予約なら「VELTRA 」さんがおすすめです。

 

時間がない!百合が浜に上陸だけしたい!という方におすすめなのがこちら

>百合ヶ浜上陸ツアー グラスボートで幻の白い砂浜へ! 

 

百合が浜上陸+シュノーケルも楽しむプランはこちら

>百合ヶ浜上陸ツアー&赤崎サンゴの森でのシュノーケル 

 

参考までに、私が体験した百合が浜上陸+シュノーケルの料金は

大人一人6500円でした。

当日の様子はこちらからどうぞ

zizitabi.com

 

マリンアクティビティーにおすすめの服装

 

シュノーケリングなどのマリンアクティビティーを楽しむ際の服装は

帽子、サングラス、水着、ラッシュガード、ビーサン

が基本スタイルとなります。

 

 

 

日焼けが気になる方は、ラッシュレギンスがオススメです。

実際、女性の方はラッシュレギンス率高かったです。

私は履いてなかったので、めちゃくちゃ日焼けしました。。

 

 

帽子はつば広めのUVカットの帽子がオススメです。

私が愛用しているものをご紹介しますね。

淵にワイヤーが入っているので自由に形を変えることができ、なおかつ紫外線カット率は最高値のUPF50+。

 

あると便利なビーチグッズ

GoPro

せっかくの美しいヨロンブルー!GoProで撮影してみたいですよね。

こちらのヒーロー7は水深10mの防水性を発揮!

 

スイムタオル

スイムタオルは水分を吸収した後、絞れば何度でも水分を吸ってくれる便利なアイテム。ビーチで役に立つこと間違いなしですよ〜

 

 

ちなみに私はミズノのスイムタオルを愛用しています!

 

 

ビーチ・観光・グルメも満喫!与論島おすすめモデルコース

 

f:id:zizichan1103:20210415180257j:plain

せっかくの与論旅。現地で1分も無駄にしたくないですよね?

 

ヨロンは小さな島ですが、ビーチやマリンアクティビティー以外にも、グルメや観光スポットなど見どころが盛りだくさん!

 

隙のないスケジュールで効率よくヨロンを楽しむモデルコースをまとめました!

滞在日数ごとのタイムスケジュール付きなので、旅行前にぜひご一読ください^^

 

zizitabi.com

 

フォトジェニックな与論島の絶景スポットをまとめました。

初心者にはちょっと難しい?ヨロンの秘境とも言われる穴場スポットも紹介しています👇

zizitabi.com

 

与論島での宿泊はもうお決まりですか?

ホテル、コテージ、ゲストハウス、民宿など、ヨロンには様々なタイプの宿泊施設があります。

 

せっかくのヨロン旅、リゾート感満載のホテルに泊まりたい!

という方は、一生の思い出になること間違いなしの高級ホテルがおすすめです。

口コミ高評価のホテルを厳選してまとめました。こちらも合わせてどうぞ👇

zizitabi.com

 

逆に宿泊費は安く抑えて、アクティビティーやグルメにお金を使いたい!という場合は、格安ホテルを選ぶのもありですね^^

以下の記事でリーズナブルだけど快適なホテルを紹介しています👇

zizitabi.com

 

 

与論島よくある質問

 

 

百合ケ浜上陸ツアーの予約方法は?注意点は?

 

ヨロンといえば、百合ケ浜は外せないですよね!

個人で百合ケ浜に上陸することはできないので、ツアーに参加する必要があります。

ツアーの詳細や料金、当日の注意点などはこちら👇

zizitabi.com

 

百合ケ浜出現予測スケジュールはこちらに掲載されています。

 

おすすめのホテルは?

 

私がヨロンで3泊しましたが、最初の2泊はMEEDAFU'S YUI HOSTEL and COFFEE

さん、最後の1泊はプリシアリゾートヨロンに泊まりました。

 

YUI HOSTELは茶花エリアにあり、徒歩圏内に居酒屋やカフェ、スーパーもあってヨロンの拠点に便利でした!

おしゃれなカフェも併設されているため、朝食利用にもおすすめです。

zizitabi.com

 

プリシアリゾートは、敷地内にプールやプライベートビーチもあり、リゾート感たっぷりでヨロンの思い出がより一層楽しいものになること間違いなしのホテルです。

客室の様子や口コミはこちら👇

zizitabi.com

 

ヨロンで食べるべきおすすめグルメは?

 

私のおすすめは、ヨロンの味 たらの鶏飯と、蒼い珊瑚礁 のもずくそばですね!

 

味たらの鶏飯は、地元民も太鼓判で非常に美味しかったです。

蒼い珊瑚礁は与論空港に近いので、最終日のランチにおすすめですよ〜^^

 

詳細はこちら👇

zizitabi.com

zizitabi.com

 

\与論島のガイドブック/

 


それではまた次回よろしくどうぞ(^^)

*****************************************************

ランキングに参加しています。

応援ぽち、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

 

 

◎この記事を書いた管理人

zizitabi.com